試合区分:No.12498
開催期日:2020年11月13日
開始時間:14:00:00
開催場所: 駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
主審:平原 勇次
副審:山崎 昭一

拓殖大学 59 18 -1P- 17
11 -2P- 21
19 -3P- 25
11 -4P- 18
-OT-
-OT-
81 明治大学

拓殖大学

HC:池内 泰明
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 神田 壮一郎 6 0 3 3 7 0 0 1 2 1 3 1 1 0 3 28:15
2 平良 陽汰 4 0 0 2 2 0 0 3 1 2 3 3 0 0 2 28:16
5 山本 魁 DNP
6 鈴木 雄馬 1 0 1 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1:38
8 祝 俊成 3 0 1 1 1 1 1 1 0 0 0 0 0 0 1 11:29
13 森田 拓磨 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1:56
15 隈元 治輝 DNP
18 末澤 椋太 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:08
24 ジョフ ユセフ 29 1 3 11 18 4 9 0 1 10 11 1 2 1 6 36:37
31 説田 空隼 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 1 0 0 0 1 2:08
41 杉野 晴輝 0 0 1 0 4 0 0 0 3 3 6 1 0 0 2 11:45
42 益子 拓己 7 2 3 0 2 1 2 0 1 0 1 0 1 0 1 27:19
43 赤谷 玲音 0 0 1 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2:08
91 藤根 誠 2 0 0 1 5 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 9:27
95 齊藤 祐介 7 1 2 2 2 0 0 1 1 6 7 0 0 1 0 36:54
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 5 8 0 0 0 1 00:00
合計 59 4 16 20 41 7 16 9 13 27 40 6 5 2 18 200:00

明治大学

HC:斉藤 勝一
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 中村 吏 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 00:00
7 植松 義也 22 2 5 7 10 2 2 2 6 6 12 0 2 3 4 35:21
9 塚本 舞生 0 0 2 0 3 0 0 3 0 1 1 3 3 0 1 21:12
10 結城 智史 DNP
12 岩本 大地 0 0 3 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 4:18
13 相馬 陸 3 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:27
17 常田 耕平 11 1 1 4 7 0 0 2 1 3 4 2 0 0 1 26:49
21 田邉 太一 8 2 3 1 2 0 0 1 1 1 2 0 0 0 2 18:30
24 勝山 大輝 DNP
31 吉村 公汰 10 3 5 0 2 1 2 1 0 2 2 3 2 0 1 26:14
34 富田 一成 12 3 7 1 4 1 1 1 2 2 4 4 1 0 2 21:30
42 伊藤 陸斗 DNP
46 井上 耀 DNP
52 溝口 月斗 6 0 0 3 7 0 0 4 0 0 0 1 0 2 0 25:10
56 永田 渉 9 1 3 2 7 2 2 1 3 3 6 2 0 1 0 19:29
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 6 8 0 0 0 0 00:00
合計 81 13 31 18 43 6 7 15 15 24 39 16 8 6 11 200:00

GAME REPORT

インカレ・チャレンジマッチ第2試合、拓殖大対明治大の一戦。序盤は両者とも相手のディフェンスに苦しむ時間帯があるものの、中盤に明治大が#17常田、#7植松らの活躍でリードを広げる。終盤、拓殖大は相手のディフェンスを前にシュートが入らず、対する明治大は流れをつかんで加点する。拓殖大は#24ユセフらの得点で追い上げを図るも、明治大が逃げ切りタイムアップ。59-81で明治大がインカレ出場を決めた。



第1クォーター、明治大が#52溝口のゴール下のシュートで先制し、さらに#34富田の4Pプレイで流れを引き寄せる。対する拓殖大は#0神田のレイアップ、#2平良のドライブからのシュートで加点する。互いに相手のディフェンスに苦しむも、#24ユセフの力強いゴール下でのプレイでも加点し、18-17で第2クォーターへ。


第2クォーターは明治大が#17常田の3Pシュートで先制し、さらに#17常田がドライブで加点し、差を広げる。その後、互いにシュートが入らず、重い展開となるが、明治大#7植松が献身的なリバウンドでチームに貢献する。対する拓殖大は#0神田のミドルシュート、#95齊藤の3Pシュートで加点するも、明治大#31吉村が連続3Pシュートで突き放す。さらには明治大#7植松のミドルシュート、#9塚本のアシストも光り、29-38で明治大がリードしハーフタイムへ。


第3クォーター、拓殖大が#24ユセフのミドルシュートで先制するも、明治大#34富田がフローターで加点する。さらに明治大は#52溝口のブロックショット、#7植松、#34富田のシュートで流れを掴む。対する拓殖大は相手のディフェンスに苦しみ、攻めあぐねるが、明治大は#7植松が3Pシュートでさらに突き放す。拓殖大は#42益子が3Pシュートを沈めるも、明治大#34富田が連続3Pシュートを沈め、点差を大きく広げる。さらに明治大は#56永田がブザービーターを決め、48-63で明治大がリードし最終クォーターへ。


第4クォーター、拓殖大が#24ユセフのミドルシュートで先制するも、明治大が#31吉村の3Pシュートで加点する。その後、拓殖大#24ユセフがバスケットカウントでチームを奮い立たせるも、対する明治大は#21田邉の連続3Pシュートで点差を広げる。さらに明治大は#17常田がドライブ、ミドルシュートで加点し、リードを確固たるものにする。拓殖大は#24ユセフの得点で巻き返しを図るも、明治大#13相馬の3Pシュートで突き放し、タイムアップ。59-81で明治大がインカレ出場を決めた。

高道 響