試合区分:No.12497
開催期日:2020年11月13日
開始時間:12:00:00
開催場所: 駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
主審:和嶋 陽一
副審:廣瀬 俊昭

神奈川大学 77 21 -1P- 24
21 -2P- 21
19 -3P- 17
16 -4P- 23
-OT-
-OT-
85 明星大学

神奈川大学

HC:幸嶋 謙二
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
3 小針 幸也 18 4 10 3 6 0 0 4 1 1 2 0 1 0 4 27:00
7 東野 恒紀 28 0 3 10 16 8 9 5 3 3 6 7 0 0 2 36:42
11 工 陸都 4 0 0 1 4 2 2 4 1 2 3 0 0 2 2 37:12
14 安達 祐馬 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:17
19 澤田石 将哲 12 3 9 1 2 1 2 2 0 3 3 0 2 0 1 26:23
21 岡部 優希 3 1 3 0 1 0 0 1 0 1 1 1 0 0 2 10:11
22 山本 颯太 DNP
25 向 奏瑠 DNP
27 二ノ宮 杉太朗 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 2:48
30 三浦 拓 DNP
34 工藤 貴哉 10 2 4 1 5 2 5 0 1 7 8 0 1 0 3 40:00
39 吉田 智大 DNP
47 高橋 音羽 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 2:37
87 高木 卓也 2 0 2 1 1 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 13:37
88 伊東 翼 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 1 3:13
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5 7 0 0 0 1 00:00
合計 77 10 31 17 36 13 18 17 9 23 32 9 4 2 17 200:00

明星大学

HC:柴山 英士
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
3 加藤 嵩都 12 1 6 3 4 3 5 3 1 1 2 4 3 0 3 29:27
4 三枝 心 DNP
6 神谷 璃空 6 2 8 0 0 0 0 1 1 0 1 2 0 0 1 24:06
7 岡田 泰希 33 4 11 10 13 1 1 2 3 5 8 3 1 0 3 40:00
8 太田 大稀 DNP
9 森  紅也 DNP
10 福田 晃平 5 1 3 1 2 0 0 3 2 7 9 2 1 1 4 40:00
12 シェッラ ママドゥ 11 0 0 4 12 3 4 2 8 4 12 0 1 0 2 32:51
13 片岡 霞 DNP
15 飯塚 竣平 DNP
18 遠藤 勇一 DNP
22 白井 富長 DNP
23 ニャシ ババカー 4 0 0 2 3 0 0 0 0 1 1 0 0 0 1 7:09
29 新田 嵐 14 0 0 5 12 4 6 4 0 4 4 1 6 0 2 26:27
31 松久保 音羽 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 7 9 0 0 0 1 00:00
合計 85 8 28 25 46 11 16 15 17 29 46 12 12 1 17 200:00

GAME REPORT

インカレ・チャレンジマッチ第1試合、神奈川大学対明星大学の一戦。序盤は両チームとも相手のディフェンスに苦しむ展開が続くも、持ち前の攻撃力を遺憾無く発揮し明星大がリードを得る。中盤、互いに外角のシュートが決まり、一転してハイスコアな展開に。終盤、明星大がさらに加点、リードを広げ、神奈川大も一時は点差を詰めるも、最終的には逃げ切りタイムアップ。明星大が77-85で創部初のインカレ出場を決めた。



第1クォーター、序盤は互いに堅いディフェンスを敷き、重い展開が続くも、神奈川大#7東野の2Pシュートで先制する。対する明星大は#7岡田の3Pシュートで得点する。その後、明星大は神奈川大のディフェンスに攻めあぐね、神奈川大は#7東野の2Pシュートで加点する。中盤、神奈川大は#87高木が得点、明星大は#7岡田が得点し、シーソーゲームとなる。終盤、明星大#7岡田、#29新田の得点で点差を広げ、21-24で第2クォーターへ。


第2クォーター、神奈川大が#7東野の力強いドライブからの得点で先制するも、明星大#12ママドゥのゴール下、#7岡田の3P、#10福田の3Pで点差を広げる。対する神奈川大は#7東野がアシスト、シュートでチームを勢いづける。その後も明星大は#29新田、#10福田、神奈川大は#7東野の得点で互いに譲らない展開となり、42-45でハーフタイムへ。


第3クォーターは互いに重い立ち上がりとなるが、明星大#7岡田の3Pシュートで均衡を破る。その後、明星大は#7岡田のミドルシュート、#3加藤の3Pシュートで流れを掴む。神奈川大も#7東野の連続得点、#19澤田石の3Pで背中を追い、堅いディフェンスから#7のシュートで同点、#19澤田石の3Pシュートで逆転に成功。対する明星大は#3加藤のドライブからのシュート、#7岡田の3Pシュートで再逆転、神奈川大は#21岡部の3Pシュートでさらに逆転する。その後も互いに得点を重ね、61-62で最終クォーターへ。


第4クォーターは明星大#3加藤がドライブからシュートを決め、先制に成功するも、互いにハードなディフェンスで相手の得点を許さず、膠着した展開となる。その後、明星大#7岡田がドライブからバスケットカウントを沈め、チームに流れを引き寄せる。明星大はさらに#7岡田、#29新田がミドルシュートを沈め、リードを大きく広げる。対する神奈川大はシュートが入らず、苦しい展開となるも、タイムアウト明けの#7東野のドライブからのシュート、フリースローで追いすがる。終盤、両チームとも相手のディフェンスに苦しむも、明星大#29新田がドライブからフローターを沈め、神奈川大に引導を渡す。神奈川大は#3小針の連続3Pシュートからプレスディフェンスで点差を縮めようとするも、明星大が逃げ切りタイムアップ。77-85で明星大が創部初のインカレ出場を決めた。

高道 響