試合区分:No.12458
開催期日:2020年10月10日
開始時間:12:00:00
開催場所: エスフォルタアリーナ八王子
主審:桑原 一貴
副審:佐田 幸一

白鴎大学 90 21 -1P- 13
19 -2P- 04
22 -3P- 22
28 -4P- 26
-OT-
-OT-
65 神奈川大学

白鴎大学

HC:網野 友雄
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 関屋 心 6 0 1 3 7 0 0 1 1 0 1 0 1 0 1 13:09
2 脇 真大 7 0 1 3 9 1 2 3 1 3 4 1 0 0 2 21:37
3 板橋 真平 5 1 2 1 3 0 0 2 1 3 4 0 0 0 2 14:03
7 ギバ 賢 キダビング 2 0 1 1 2 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 5:14
12 菅谷 勘太 8 0 2 4 8 0 1 1 1 3 4 2 0 0 3 12:48
23 荒谷 裕秀 11 1 3 4 8 0 0 2 2 5 7 4 0 0 1 22:21
25 角田 太輝 5 1 3 1 4 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 17:50
28 菅野 峻平 2 0 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7:46
29 小島 基嵩 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:41
32 市川 真人 3 0 0 1 1 1 2 1 1 3 4 0 0 0 0 10:26
33 杉山 裕介 7 0 1 3 4 1 5 2 1 0 1 1 1 0 1 16:49
45 シソコ ドラマネ 18 0 0 7 9 4 5 1 6 6 12 0 0 1 1 21:23
52 ブラ グロリダ 5 0 0 2 2 1 1 1 0 0 0 0 0 1 0 4:58
56 小室 昂大 5 1 2 1 2 0 1 2 0 1 1 0 0 0 1 12:16
66 松下 裕汰 6 1 1 0 1 3 4 0 0 2 2 2 1 0 0 16:38
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 8 11 0 0 0 1 00:00
合計 90 5 20 32 61 11 21 16 17 36 53 11 3 2 13 200:00

神奈川大学

HC:幸嶋 謙二
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
3 小針 幸也 8 0 3 4 8 0 0 2 0 4 4 0 0 0 1 25:34
7 東野 恒紀 16 0 0 6 16 4 8 2 3 5 8 0 1 0 3 29:27
10 堤 良真 2 0 0 1 3 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 9:59
11 工 陸都 8 0 0 3 11 2 4 3 1 1 2 0 0 1 1 26:14
14 安達 祐馬 0 0 0 0 1 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 3:52
19 澤田石 将哲 12 2 5 2 4 2 2 3 1 2 3 0 2 0 0 20:24
21 岡部 優希 3 1 2 0 3 0 0 2 1 3 4 3 0 0 3 14:12
25 向 奏瑠 DNP
27 二ノ宮 杉太朗 1 0 0 0 3 1 2 2 1 0 1 0 1 0 0 13:46
34 工藤 貴哉 9 1 7 3 4 0 0 2 0 5 5 0 2 0 1 29:46
39 吉田 智大 DNP
47 高橋 音羽 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2:15
51 横山 悠人 5 1 2 1 3 0 0 0 1 3 4 0 1 0 0 15:21
87 高木 卓也 1 0 0 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 1 5:55
88 伊東 翼 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3:15
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 5 5 10 0 0 0 1 00:00
合計 65 5 20 20 56 10 18 19 13 29 42 3 7 1 12 200:00

GAME REPORT

オータムカップ2020初戦の第2試合は昨シーズン一部リーグ7位の白鷗大学と10位の神奈川大学の一戦。序盤神奈川大は#3小針と#7東野が強いドライブから得点を狙い、対する白鷗大学は#3、#23荒谷らが、インサイドを中心に攻撃を組み立てる。本試合ダブルダブルを記録した#45シソコがインサイドを支配した白鷗大が終始優位なペースで試合を進めた。途中神奈川大もオールコートプレスを仕掛けるなどして、勝負を仕掛けたが、追いつくには至らず、試合終了。90-65で白鷗大学が順当に勝ちを収めた。


第1クォーター、序盤積極的な攻撃の姿勢を見せた神奈川大だったが、白鷗大#45シソコがインサイドで猛威を振るう。神奈川大はアウトサイドからのドライブと合わせにより、チーム全体で得点を狙うも、勢いに乗れず、点差をつけられてしまう形に。21-13で白鷗大がリードし、第1クォーター終了。


第2クォーター、白鷗大は#45シソコ、#52ブラ、#32市川の3人のビッグマンがインサイド完全に支配。ペースを乱された神奈川大はこのクォーターの得点を4点に抑えられてしまい、苦しい展開に。白鷗は引き続き、インサイドを中心に着実に点を取っていく。40-17、白鷗が大量リードを奪い、第2クォーター終了。


第3クォーター、神奈川#7東野が得意のドライブで切り込み、積極的に攻撃を仕掛ける。周りもそれに応え、3ポイントシュートなどで援護しつつ、チームに流れを作る。対する白鷗は相手に得点は許したものの、自身の攻撃のペースは乱さず、外中バランスよく得点し、相手に流れを与えない。62-39、依然白鷗大リードのまま第3クォーター終了。



第4クォーター、神奈川大は開始早々オールコートプレスで仕掛け、一時は点差が縮まるもタイムアウト後は白鷗大学が再び自分たちのペースをつかむ。その後両校のオフェンスがかみ合いだしスコアリングゲームとなり、点差は最後まで縮まらず試合終了。90-65で、白鷗大が神奈川大を下し、勝ち星を挙げた。

kn