試合区分:No.12280
開催期日:2019年10月14日
開始時間:18:30:00
開催場所: 筑波大学中央体育館
主審:和嶋 陽一
副審:笠島 喜与都

筑波大学 88 18 -1P- 15
24 -2P- 11
17 -3P- 21
29 -4P- 12
-OT-
-OT-
59 早稲田大学

筑波大学

HC:
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 伊藤 優圭 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:43
7 浅井 修伍 5 1 2 1 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 6:35
8 菅原 暉 3 1 1 0 4 0 0 3 0 3 3 2 1 0 1 20:05
10 村岸 航 8 1 3 2 2 1 4 1 1 4 5 0 0 1 1 17:56
11 増田 啓介 13 3 5 1 4 2 4 2 1 5 6 4 0 0 1 18:38
15 森下 魁 8 0 0 4 5 0 0 0 0 1 1 0 0 0 1 19:03
16 野本 大智 7 0 1 3 5 1 2 0 0 0 0 2 3 0 1 21:42
21 笹山 陸 DNP
23 半澤 凌太 2 0 0 1 2 0 0 1 1 1 2 1 1 1 0 16:33
27 山口 颯斗 9 2 5 1 2 1 2 1 1 7 8 0 0 0 0 25:35
33 三森 啓右 2 0 0 0 1 2 2 4 1 1 2 1 1 1 3 17:31
35 浅田 大太 DNP
75 井上 宗一郎 DNP
85 藤村 貴記 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3:26
88 牧 隼利 14 1 2 5 8 1 1 2 0 2 2 2 0 0 0 21:08
92 中田 嵩基 17 5 5 0 1 2 2 2 0 4 4 1 0 0 0 11:05
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 0 0 0 0 00:00
合計 88 14 24 18 36 10 17 16 6 31 37 13 7 3 8 200:00

早稲田大学

HC:
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 神田 誠仁 3 0 1 1 4 1 2 0 2 1 3 3 0 0 2 20:37
2 香川 泰斗 DNP
3 池田 琳苑 DNP
6 長谷川 仁哉 DNP
7 宮本 一樹 13 2 6 3 8 1 2 4 0 4 4 1 1 0 3 34:42
8 津田 誠人 19 1 4 7 10 2 2 2 2 6 8 0 0 0 1 33:19
12 土家 大輝 2 0 1 1 2 0 0 2 0 1 1 3 0 0 3 20:09
14 柳川 幹也 9 3 5 0 1 0 0 4 0 1 1 1 1 0 1 23:42
17 髙阪 俊輔 3 1 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 7:57
18 萩原 圭 DNP
38 三島 大河 DNP
39 桑田 裕平 2 0 2 0 1 2 5 1 0 3 3 2 1 0 0 19:39
41 小室 悠太郎 8 0 5 3 9 2 3 2 1 2 3 1 1 0 1 39:55
65 宮川 丈クレイトン DNP
91 ホセイン 剛 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 8 9 0 0 0 1 00:00
合計 59 7 25 15 35 8 14 16 6 26 32 11 4 0 13 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第13節、筑波大学と早稲田大学の試合。攻守にわたって早稲田を圧倒した筑波が88-59の大差で勝利。筑波は#92中田、#16野本のガード陣が得点を稼ぎ、早稲田に反撃の糸口を掴ませなかった。筑波はリーグ戦績を11勝2敗とした。

 第1Q、両チーム共ともに安定したオフェンスを展開し、互角な立ち上がりを見せる。筑波は#88牧、#11増田を中心にスコア。早稲田も#14柳川の外角シュートが冴え渡る。18-15でわずかに筑波大がリード。

 第2Q、筑波の#16野本が多彩なアシストから得点を演出し、#15森下や#23半澤がシュートを決める。早稲田は筑波の高さを前にオフェンスがやや足踏み状態となり、得点が伸び悩む。42-26と筑波がリードを広げ、前半を終える。

 第3Q、早稲田#8津田が派手なダンクシュートを叩き込み、奮起を促すも後が続かず、追い上げには及ばない。その間に筑波#11増田や#10村岸の速攻で得点を積み上げ、リードを守る。59-47。

 第4Q、筑波#92中田がonFire。100パーセントの確率で3Pシュートを4本沈め試合を決定づける。早稲田はなすすべが無いまま試合終了。88-59が最終スコアとなった。

T.Kimura