試合区分:No.12277
開催期日:2019年10月14日
開始時間:15:40:00
開催場所: 日本体育大学 世田谷キャンパス
主審:長谷川 裕
副審:石川 丈晴

青山学院大学 77 17 -1P- 28
17 -2P- 13
24 -3P- 07
19 -4P- 15
-OT-
-OT-
63 明治大学

青山学院大学

HC:廣瀬 昌也
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
2 斉藤 諒馬 2 0 1 0 3 2 2 0 1 2 3 3 0 1 0 23:41
5 小川 俊哉 0 0 0 0 0 0 0 3 0 1 1 0 0 0 1 5:42
7 ナナー ダニエル弾 20 0 1 8 12 4 4 3 6 5 11 0 2 0 3 24:53
14 伊森 響一郎 13 1 3 5 11 0 0 2 0 4 4 0 0 0 1 27:17
17 保泉 遼 5 1 3 1 1 0 0 2 0 1 1 1 1 0 0 13:14
20 和田 蓮太郎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:40
24 永野 聖汰 5 1 3 1 1 0 0 1 0 0 0 1 1 0 4 22:22
27 ウィタカ ケンタ 0 0 0 0 1 0 0 2 0 1 1 0 0 0 2 6:58
36 相原 アレクサンダー学 13 1 1 4 5 2 2 2 2 2 4 1 4 0 0 18:31
41 田村 伊織 0 0 0 0 4 0 0 0 2 1 3 0 0 0 1 7:20
42 佐野 龍之介 DNP
47 川村 亮汰 0 0 0 0 1 0 0 3 0 0 0 2 0 0 0 12:50
52 赤穂 雷太 16 0 5 7 15 2 4 0 2 4 6 3 1 1 3 25:27
78 渡嘉敷 直輝 3 1 1 0 0 0 0 0 2 0 2 0 1 0 0 10:05
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 8 12 0 0 0 1 00:00
合計 77 5 18 26 54 10 12 18 19 29 48 11 10 2 16 200:00

明治大学

HC:鍵冨 義宏
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 中村 吏 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 00:00
1 園部 毅 0 0 0 0 0 0 0 2 0 1 1 0 0 0 0 6:11
7 植松 義也 7 1 3 2 4 0 0 0 0 3 3 0 1 1 1 31:03
9 塚本 舞生 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 6:01
10 須藤 昂矢 16 1 6 5 12 3 3 3 4 5 9 2 1 0 3 28:45
11 奥野 綾汰 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:24
14 戸堀 春輝 DNP
15 渡辺 翔太 12 3 10 1 3 1 2 3 1 3 4 5 2 0 4 33:59
17 常田 耕平 11 0 3 4 5 3 4 1 0 1 1 1 1 0 2 28:33
31 吉村 公汰 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 1 0 1 1 1 10:30
34 富田 一成 2 0 1 1 2 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 6:01
52 溝口 月斗 3 0 0 1 2 1 2 2 1 2 3 0 0 0 2 17:09
56 永田 渉 12 1 3 4 8 1 1 2 1 3 4 1 1 1 0 29:24
71 若月 遼 DNP
88 佐藤 大介 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 5 9 0 0 0 0 00:00
合計 63 6 31 18 36 9 12 13 13 23 36 9 7 3 14 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第13節、青山学院大学と明治大学の一戦。スタートダッシュに成功した明治大を青山学院大が追いかける展開となる。明治大はスピーディーなバスケットを展開し立て続けに得点するのに対し、青山学院大は第2クォーターでディフェンスからリズムを掴み一気に点差を縮める。後半、徐々に点差を縮めた青山学院大は#7ダニエルのバスケットカウントで逆転に成功し、流れは一気に青山学院大へと傾く。その後は両者ディフェンスに尽力するが流れは変わることなく青山学院大リードで試合終了。77-63、青山学院大が勝利しリーグ戦績を8勝4敗とした


第1クォーター、前半、明治大は#15渡辺のレイアップから始まり、速攻を中心に加点していくと、#56永田、#10須藤のバスケットカウントが続き大幅リードを得る。対する青山学院大は、後半に#14伊森が連続で加点するも勢いに乗れず。後半、明治大はスピーディーなバスケットを展開し、インサイドを中心に加点する。28-17、明治大がスタートダッシュに成功し第1クォーター終了。


第2クォーター、前半、青山学院大は#78渡嘉敷の3Pシュートが決まるも単発に終わり点差を縮めることができず。対する明治大は#17常田がゴールに果敢にアタックし得点を重ねる。逆転を狙う青山学院大は後半、ハードなディフェンスからリズムを掴み速攻で加点。#7ダニエルと#52赤穂のバスケットカウントで明治大に一気に詰め寄ると#14伊森の3Pシュートも決まり明治大の勢いを止める。41-34、明治大がリードを守り第2クォーター終了。


第3クォーター、青山学院大は#7ダニエルと#52赤穂が交互に活躍をみせ勢いに乗ると残り約4分、#7ダニエルがバスケットカウントをねじ込み逆転に成功する。後半、明治大は青山学院大のタイトなディフェンスに攻めあぐね、タフショットが続き得点が止まってしまう。終盤、青山学院大は#36相原が3Pシュートやペネトレイトで得点に貢献し点差をさらに広げる。58-48、青山学院大が逆転に成功し第3クォーター終了。


第4クォーター、前半、後がない明治大は#10須藤の3Pシュートなどアウトサイドからの得点を狙うがゴールに嫌われ得点が伸びず。対する青山学院大も明治大のタイトなディフェンスに一時得点が止まってしまうも#17保泉が加点し、なんとか切り抜ける。後半、お互いにディフェンスに重点を置き試合を進めるが、流れが変わることなく試合終了。77-63、青山学院大が勝利し、リーグ戦8つ目の白星を挙げた。

坂井 羽衣