試合区分:No.11675
開催期日:2019年9月17日
開始時間:16:40:00
開催場所: とどろきアリーナbコート
主審:蒲 健一
副審:稲田 翔人

筑波大学 66 22 -1P- 09
13 -2P- 14
13 -3P- 11
18 -4P- 18
-OT-
-OT-
52 法政大学

筑波大学

HC:
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 伊藤 優圭 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 00:00
7 浅井 修伍 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:32
8 菅原 暉 7 0 2 3 7 1 2 3 1 1 2 1 2 0 0 27:56
10 村岸 航 4 0 1 2 6 0 0 1 1 4 5 0 0 0 0 25:08
11 増田 啓介 28 1 2 11 19 3 4 0 5 4 9 2 1 0 1 26:44
15 森下 魁 2 0 0 1 4 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 8:36
16 野本 大智 5 1 2 1 3 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 18:14
21 笹山 陸 0 0 3 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 11:16
23 半澤 凌太 0 0 1 0 5 0 0 0 2 1 3 0 1 2 1 11:55
27 山口 颯斗 DNP
33 三森 啓右 0 0 0 0 1 0 0 4 1 5 6 0 0 0 1 9:08
75 井上 宗一郎 12 0 1 6 12 0 2 2 4 7 11 1 0 0 1 29:53
85 藤村 貴記 DNP
88 牧 隼利 8 0 2 4 6 0 0 0 1 4 5 3 0 0 1 28:44
92 中田 嵩基 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:54
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 2 5 0 0 0 0 00:00
合計 66 2 14 28 65 4 8 12 18 30 48 7 4 2 5 200:00

法政大学

HC:
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 川島 聖那 8 0 0 4 7 0 0 3 2 3 5 0 0 0 5 31:47
2 澁谷 錬 DNP
5 井黒 桂亜 DNP
7 柴田 京哉 DNP
13 本間 紗斗 DNP
14 小野 怜史 7 1 2 2 4 0 1 0 0 1 1 2 1 0 0 32:49
15 米山 滉人 9 1 4 3 7 0 0 1 2 10 12 2 0 0 1 36:04
24 鈴木 悠介 4 0 1 1 8 2 6 1 3 8 11 0 1 0 1 19:27
25 古川 空音 DNP
27 原田 一真 DNP
30 水野 幹太 12 2 9 3 6 0 1 3 1 2 3 1 2 0 3 40:00
31 戸井 堅士朗 12 0 1 6 10 0 0 1 1 1 2 0 0 0 2 24:29
33 茨城 博晃 DNP
34 濱田 裕太郎 0 0 2 0 0 0 0 1 0 1 1 2 0 0 1 9:55
51 金本 一真 0 0 0 0 2 0 0 0 0 1 1 0 1 0 0 5:29
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 6 8 0 0 0 0 00:00
合計 52 4 19 19 44 2 8 10 11 33 44 7 5 0 13 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第7節、筑波大学対法政大学の一戦。試合開始から筑波大のペースで試合が進む。法政大が#30水野を中心に試合を組み立てる。第4クォーターに試合が動き法政大が怒涛の追いつきを見せるが、#11増田が要所で得点を積み重ね点差を離す。試合はそのまま終了。筑波大が6勝目を挙げた。


第1クォーター、序盤、筑波大は#75井上の得点を皮切りにインサイドでの得点を着実に積み重ねていく。対する法政大は終始筑波大の激しいディフェンスに圧倒され思うようにオフェンスが進まない。後半には途中から入った#16野本の3Pシュートで筑波大は一気に流れをひきよせる。


第2クォーター、前半は#23半澤のブロックショットや法政大の固いディフェンスが印象に残るように両チームとも点数が入らない時間が続いていたが後半には互いに内外バランスよく得点を重ねる。


第3クォーター、法政大は#30水野を中心にオフェンスを組み立てる。対する筑波大は#8菅原を起点にパスをさばき得点を重ねる。後半には#14小野が果敢に3Pシュートを狙うがリングにくしくも放たれたボールはリングにきらわれ点差を詰める事ができない。


第4クォーター、序盤、両チーム拮抗した状態が続いたが、残り4分で法政大が6点差まで追いつく。しかし#11増田がそこから爆発し連続得点を重ねる。試合はそのまま筑波大のペースで終了し、66−52で筑波大が6勝目を挙げた。

鈴木 洸太