試合区分:No.11669
開催期日:2019年9月15日
開始時間:16:20:00
開催場所: 専修大学生田キャンパス
主審:藤代 透
副審:石川 丈晴

専修大学 70 17 -1P- 13
19 -2P- 16
20 -3P- 20
14 -4P- 13
-OT-
-OT-
62 明治大学

専修大学

HC:佐々木 優一
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 ケイタ シェイクブーバガー 6 0 0 3 6 0 0 3 3 7 10 1 2 0 3 29:54
1 山本 翔太 0 0 1 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 3:24
5 安部 紘貴 5 0 1 2 3 1 2 1 1 0 1 1 0 0 0 15:15
6 樋口 健太 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 4:40
9 重冨 友希 2 0 1 0 1 2 2 0 0 0 0 0 0 0 2 6:22
10 喜志永 修斗 3 0 1 0 0 3 5 2 0 1 1 1 1 0 1 14:19
12 西野 曜 7 0 1 3 7 1 2 3 2 5 7 1 0 1 1 23:55
23 キング 開 7 0 1 2 6 3 5 2 1 1 2 1 2 0 1 20:38
28 野﨑 由之 12 1 4 2 3 5 6 2 0 0 0 0 0 0 0 18:19
30 アブ フィリップ 6 0 0 3 3 0 0 1 0 3 3 0 0 0 2 6:53
34 盛實 海翔 6 1 6 0 3 3 4 1 1 2 3 4 1 0 2 22:39
46 寺澤 大夢 12 0 1 5 7 2 5 0 2 4 6 0 1 0 0 21:10
48 竹田 寛人 DNP
91 渡邉 諒 DNP
95 齋藤 瑠偉 4 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 12:32
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 6 7 13 0 1 0 1 00:00
合計 70 2 18 22 41 20 31 16 16 32 48 9 8 1 15 200:00

明治大学

HC:鍵冨 義宏
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 中村 吏 0 0 2 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0 1 1 8:13
1 園部 毅 0 0 1 0 0 0 2 1 1 0 1 0 1 1 0 5:28
7 植松 義也 7 1 2 2 3 0 0 5 1 2 3 1 0 1 4 18:27
9 塚本 舞生 0 0 1 0 0 0 0 4 0 0 0 1 1 0 1 13:49
10 須藤 昂矢 20 2 5 5 9 4 4 3 1 4 5 1 1 0 1 32:49
11 奥野 綾汰 4 0 1 2 3 0 0 0 1 1 2 1 1 0 2 10:30
13 相馬 陸 DNP
15 渡辺 翔太 0 0 2 0 1 0 0 4 0 1 1 2 1 0 1 27:21
17 常田 耕平 9 1 6 2 5 2 4 4 2 2 4 1 1 0 2 23:55
31 吉村 公汰 4 0 1 2 3 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 17:48
34 富田 一成 DNP
52 溝口 月斗 3 0 0 1 6 1 2 0 2 1 3 0 0 0 0 9:53
56 永田 渉 15 0 5 7 9 1 3 2 1 5 6 0 1 2 3 31:46
88 佐藤 大介 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5 7 0 0 0 1 00:00
合計 62 4 26 21 41 8 15 26 11 21 32 7 7 5 16 200:00

GAME REPORT

 リーグ戦第6節、専修大学と明治大学の一戦。開始から両者一進一退の攻防が繰り広げられる展開。インサイド陣の活躍により専修大が先行。明治大は速い攻撃から巻き返しのチャンスを狙う。後半も拮抗した展開が続くがビハインドを背負う明治大が苦しい展開に。なんとか追いつきたい明治大であったが専修大は冷静沈着に攻撃、明治大を寄せつけずタイムアップ。70-62、専修大が勝利しリーグ戦績6章0敗。専修大、未だ負けなし。

 第1クォーター、専修大は#30フィリップのダンクや#5安部のドライブインなどで加点するのに対し、明治大は#10須藤の連続得点などで応戦、お互い拮抗したスタートを切る。その後、専修大はこのクォーター計3回の#30フィリップのダンク、#95齋藤のドライブインなどで加点し、一歩前に出る。17-13、専修大がリードを得て、第1クォーター終了。

 第2クォーター前半は両者、互いに一歩も譲らないバチバチの攻防が繰り広げられ、流れはどちらにも傾かず時間が進む。後半、明治大は#7植松の3Pシュートや#56永田の速攻で一時、詰め寄るも専修大は#28野﨑の活躍により勢いづきリードを取り戻す。36-29、専修大がリードを広げ、第2クォーター終了。

 第3クォーター専修大は#12西野のゴール下、#34盛實の3Pシュートなどで突き放しにかかるが明治大は#10須藤、#56永田らのバスケットカウントなどで粘る。その後も明治大#56永田のドライブインなどで加点すれば、専修大も#46寺澤のバスケットカウントなどで加点し追いつかせない。56-49、依然、専修大リードのまま第3クォーター終了。

 第4クォーター、専修大は#12西野がインサイドのシュートを確実に沈め、リードを広げる。明治大は#11奥野、#17常田らが加点するも後が続かない。後半、明治大は#7植松、#17常田らの攻撃で最後の追い上げを図るが専修大は#23キングらの活躍でこれを許さず、タイムアップ。70-62、終始リードを保った専修大が勝利した。

野島 義史