試合区分:No.11643
開催期日:2019年8月25日
開始時間:13:20:00
開催場所: 駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場 aコート
主審:岩井 遥河
副審:新井 文明

専修大学 84 20 -1P- 17
15 -2P- 20
28 -3P- 24
21 -4P- 18
-OT-
-OT-
79 神奈川大学

専修大学

HC:佐々木 優一
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 ケイタ シェイクブーバガー 3 0 0 1 2 1 1 1 0 1 1 0 0 0 1 5:45
1 山本 翔太 DNP
5 安部 紘貴 2 0 0 1 1 0 0 2 1 1 2 1 0 0 1 14:33
6 樋口 健太 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:28
9 重冨 友希 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 4:20
10 喜志永 修斗 1 0 2 0 3 1 2 1 0 2 2 1 0 1 1 21:07
12 西野 曜 20 1 3 8 13 1 4 4 0 7 7 0 1 0 1 32:01
23 キング 開 8 0 0 2 4 4 4 2 0 0 0 0 0 0 0 13:51
28 野﨑 由之 7 0 2 3 3 1 1 1 3 1 4 0 1 1 0 22:50
30 アブ フィリップ 19 0 0 8 12 3 6 1 1 9 10 1 1 0 1 32:47
34 盛實 海翔 15 3 7 3 5 0 0 0 2 1 3 4 2 0 1 24:59
46 寺澤 大夢 2 0 2 1 3 0 0 2 0 1 1 0 0 0 0 11:46
48 竹田 寛人 DNP
91 渡邉 諒 DNP
95 齋藤 瑠偉 7 1 2 2 4 0 0 0 1 0 1 3 0 0 1 14:33
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 4 0 0 0 0 00:00
合計 84 5 18 29 50 11 18 14 11 25 36 10 5 2 7 200:00

神奈川大学

HC:幸嶋 謙二
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
3 小針 幸也 4 0 3 2 3 0 0 3 0 2 2 5 0 0 3 25:06
5 緒方 堅也 7 1 1 2 5 0 0 1 0 5 5 0 0 0 1 23:17
6 尾形 界龍 18 0 0 8 11 2 2 4 2 0 2 1 0 0 0 29:17
7 東野 恒紀 DNP
11 工 陸都 7 0 0 2 4 3 3 5 1 1 2 1 0 1 1 29:15
14 安達 祐馬 DNP
21 岡部 優希 10 0 1 5 9 0 0 1 0 0 0 0 0 0 3 14:54
23 小宮 優大 DNP
27 二ノ宮 杉太朗 2 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 3 0 0 2 10:27
34 工藤 貴哉 9 1 3 3 4 0 0 2 0 4 4 0 0 0 1 17:01
41 河上 大彦 DNP
47 高橋 音羽 DNP
49 白幡 幹仁 DNP
51 横山 悠人 0 0 2 0 2 0 0 1 0 1 1 0 1 0 2 10:43
75 小酒部 泰暉 22 2 6 6 10 4 4 1 0 5 5 1 1 0 1 40:00
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 6 8 0 0 0 1 00:00
合計 79 4 16 29 49 9 9 18 5 24 29 11 2 1 15 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第2節。専修大学対神奈川大学の一戦。序盤からお互いに得点を取り合う好ゲームとなる。最終クォーターになっても点差は殆ど変わらずであったが、専修大が持ち前の個人技で得点を重ね、神奈川大をじりじりと離していく。喰らいつく神奈川大はミドルジャンパーを決めていくも、専修大の牙城を崩すには至らず。84-79で専修大が手に汗握りる大接戦を制し、リーグ戦2連勝を飾った。

 第1クォーター、序盤、神奈川大はエース#75小酒部を中心に得点を重ねていく。対する専修大は#95齋藤がリバウンドシュート、3Pシュートで加点し一進一退の攻防を繰り広げる。神奈川大はアウトサイドの確率に苦しむものの、リバウンドシュートを粘り強く決めていき僅かなリードを保ちながら試合を進めるが、専修大#30フィリップのシュートで逆転を許し第1クォーター終了。20-17、専修大3点リードで第2クォーターへ。

 第2クォーター、序盤は互いにシュートが決まらず重苦しい展開となるも、#0ケイタのシュート、#28野﨑のジャンパーで専修大がリードを広げる。しかし、終盤に差し掛かったところで、#6尾形が連続9得点し神奈川大が逆転。専修大#12西野が得点を奪うも、リードは神奈川大。35-37、神奈川大が逆転に成功し前半を折り返す。

 第3クォーター、開始早々#30フィリップがシュートを決め専修大が同点に追いつくと、両チーム互いに譲らない接戦となる。専修大は#34盛實、神奈川大は#3小針、#75小酒部が中心となり得点を重ねていく。終盤になってもお互いの勢いは変わらず、専修大は#12西野、#30フィリップ、神奈川大は#21岡部がシュートを決めて第3クォーター終了。62-61、お互いに一歩も譲らないまま最終クォーターへ。

 第4クォーター、今度は#75小酒部が開始早々ジャンパーを沈め神奈川大が同点に追いつくと、再び拮抗した展開となる。神奈川大は#34工藤、専修大は#30フィリップを中心に得点を重ねるが、神奈川大は中盤シュートが落ち始め、逆に専修大にフリースローで加点されてしまい点差を離されてしまう。離されたくない神奈川大は#21岡部が連続6得点を決め怒涛の追い上げを見せるも、残り20秒で#5緒方が痛恨のターンオーバー。その後専修大#23キングがフリースローを落ち着いて2本沈め勝負あり。84-79で専修大が神奈川大との熱戦を制し、2連勝を収めた。

谷嶋 瑞希