試合区分:No.13320
開催期日:2022年5月8日
開始時間:13:00:00
開催場所: 大田区総合体育館
主審:石榑 芳弘
副審:了舟 文弥,矢野 涼介

山梨学院大学 62 20 -1P- 25
16 -2P- 12
16 -3P- 24
10 -4P- 27
-OT-
-OT-
88 大東文化大学

山梨学院大学

HC:吉田 悟
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 藤崎 郁海 4 0 1 2 3 0 0 1 0 2 2 3 0 0 4 22:40
2 カボンゴ ジョナサン 7 0 0 3 9 1 1 4 5 6 11 1 0 0 1 21:45
5 後藤 雅史 4 0 1 2 5 0 0 3 0 3 3 2 1 0 2 21:55
10 村口 宗羅 DNP
13 浅水 鳳眞 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:18
26 小野寺 恒洋 DNP
46 河田 優人 0 0 2 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7:53
62 茂木 健太朗 11 1 3 4 6 0 0 4 0 2 2 0 1 0 1 21:44
64 山田 光哉 2 0 1 1 5 0 0 1 0 1 1 2 0 0 1 18:16
67 武内 理貴 17 2 7 3 4 5 8 1 1 3 4 0 0 0 2 29:25
68 高橋 涼太郎 9 1 8 3 4 0 0 3 1 2 3 0 0 0 5 20:34
75 後藤 夏輝 DNP
90 野溝 利一 6 2 5 0 1 0 0 1 1 0 1 0 0 0 0 18:17
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 4 6 0 0 0 0 00:00
合計 60 6 28 18 40 6 9 18 10 23 33 8 2 0 16 200:00

大東文化大学

HC:西尾 吉弘
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
3 塚本 智裕 2 0 0 1 4 0 0 0 1 3 4 4 1 0 0 19:02
4 菊地 広人 30 5 11 7 10 1 2 3 1 2 3 0 2 0 0 33:20
7 高島 紳司 15 1 4 6 12 0 0 1 3 5 8 1 2 0 1 22:39
10 菅原 佳依 7 1 3 2 2 0 0 1 1 2 3 0 0 0 0 12:02
11 田中 志門 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1:56
12 中村 拓人 4 0 0 2 5 0 0 3 0 2 2 4 1 0 0 18:34
14 谷川 海斗 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1:12
21 富山 仁貴 10 0 1 3 5 4 5 0 2 5 7 2 4 0 1 20:13
25 山内ジャヘル 琉人 4 0 0 2 5 0 2 1 0 0 0 0 0 1 0 25:48
33 松浦 颯 2 0 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 1:56
34 バトゥマニ クリバリ 2 0 0 0 4 2 2 2 1 2 3 0 0 0 2 10:56
39 アブドゥレイ トラオレ 9 0 0 4 7 1 2 0 4 8 12 1 0 2 1 28:21
46 神代 英輝 DNP
49 草野 颯斗 3 1 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:43
77 松尾 河秋 0 0 0 0 2 0 0 0 0 1 1 0 1 0 0 3:18
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 4 6 0 0 0 0 00:00
合計 88 8 20 28 59 8 13 14 15 34 49 12 11 3 6 200:00

GAME REPORT

 山梨学院大学対大東文化大学の一戦。激しいディフェンスからダンクシュートを叩き込んだ#7高島を筆頭に試合開始から勢いに乗る大東文化大は、一気に山梨学院大を突き放す。対する山梨学院大は、#62茂木の連続得点などの好プレーで食らいつき、一時逆転にも成功。37-36と大東文化大が1点リードで前半を終える。後半に入り、トランジションのペースが上がり得点争いが激化するも、大東文化大#4菊池が圧巻のスコアリング能力で魅せ、一気に山梨学院大を突き放す。その後も、止まらぬ勢いを見せた大東文化大が88-62で勝利し5位入賞となった。


 第1クォーター、序盤から#7高島が連続スティールから得点を挙げるなど開始3分で12対2のランを見せる大東文化大に、山梨学院大はたまらずタイムアウト。その後も大東文化大はまたも#7高島がダンクで魅せ、勢いが止まらない。中盤、山梨学院大は#67武内がジャンプシュートを決め反撃の狼煙をあげると、#2カボンゴのバスケットボールカウント、#62茂木の連続得点で食らいつく。両者激しい点の取り合いとなり、第1クォーター終了間際には、山梨学院大#90野溝が3Pシュートを沈めるが、25-20で大東文化大が5点リードし第1クォーター終了。


 第2クォーター、開始早々山梨学院大は、#67武内の3Pシュートでその差を2点に詰めるが、大東文化大は#39トラオレを中心に得点を重ね、着実に点差を広げていく。我慢の時間帯が続く山梨学院大は、中盤に入り、#62茂木の連続得点、#0藤崎のジャンプシュートでついに逆転。両者一歩も譲らぬシーソーゲームが繰り広げられ、そのまま終了。37-36、大東文化大が僅か1点リードするも、両者一歩も譲らぬ展開で試合を折り返す。


 第3クォーター、両者序盤からトランジションのペースが更に上がり、激しい攻防が続く。ここで大東文化大は、#4菊池が3Pシュートを中心に連続で得点し、山梨学院大を突き放す。巻き返しを図る山梨学院大は、前線からプレスを仕掛けるも、勢い止まらぬ大東文化大#4菊池が4Pプレーに成功。山梨学院大は主導権を奪うことができないまま、61-52と大東文化大リードで、第3クォーター終了。


 第4クォーター、山梨学院大#90野溝が3Pシュートを沈め試合開始。序盤から拮抗した展開となるが、大東文化大#10菅原が連続得点を挙げチームに勢いをもたらすと、大東文化大は持ち味の堅守速攻で得点を重ねる。対する山梨学院大は、#67武内の1対1で打破しようとするも、タフショットを強いられなかなか得点は伸びずそのまま試合終了。88-62、26点差で大東文化大が勝利し、見事5位入賞を果たした。

今村 友祐