試合区分:No.12935
開催期日:2021年11月7日
開始時間:15:30:00
開催場所: リリーアリーナMITO bコート
主審:佐田 幸一
副審:斉藤 貴嗣

筑波大学 82 21 -1P- 18
23 -2P- 11
16 -3P- 23
12 -4P- 20
10 -OT- 15
-OT-
87 日本体育大学

筑波大学

HC:
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 冨尾 拓真 DNP
7 浅井 修伍 17 3 3 4 7 0 0 2 0 0 0 0 1 0 2 24:30
13 二上 耀 14 3 4 2 11 1 2 1 1 5 6 4 2 1 1 37:04
19 間山 柊 0 0 1 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 6:36
21 笹山 陸 17 3 5 4 8 0 0 3 1 2 3 2 2 0 2 39:54
23 半澤 凌太 17 0 2 6 10 5 8 2 2 6 8 2 1 0 2 40:41
25 栗林 幹太 DNP
28 浅井 英矢 9 1 7 3 7 0 0 2 3 4 7 0 1 0 0 33:54
29 實方 亮 DNP
31 小川 敦也 4 0 0 2 3 0 0 2 0 3 3 6 0 0 1 23:58
34 三谷 桂司朗 4 0 2 2 5 0 0 1 1 2 3 1 1 0 0 18:23
35 平田 航大 DNP
57 青山 竜也 DNP
75 井上 宗一郎 DNP
92 中田 嵩基 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 5 8 0 0 0 1 00:00
合計 82 10 24 23 53 6 10 14 11 27 38 15 8 1 10 250:00

日本体育大学

HC:
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 古橋  正義 12 0 2 6 11 0 2 4 1 1 2 0 1 0 0 40:49
6 半田 雄資 DNP
7 原 千容 DNP
11 浅原 紳介 DNP
18 土家 拓大 DNP
23 小川 麻斗 18 2 10 4 6 4 4 2 1 3 4 6 1 0 5 45:00
28 井手 拓実 27 5 10 3 5 6 9 1 0 5 5 6 0 0 3 45:00
31 青木 遥平 6 0 3 2 4 2 2 3 0 4 4 4 2 0 1 45:00
34 島袋 敬吾 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4:11
35 ムトンボ ジャンピエール 24 0 0 11 16 2 2 2 5 14 19 1 0 10 4 45:00
50 バム ジョナサン DNP
55 永野 雄大 DNP
56 倉澤 明朗 DNP
77 和田 将英 DNP
89 楊 博 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4 0 0 0 1 00:00
合計 87 7 25 26 42 14 19 12 7 31 38 17 4 10 14 250:00

GAME REPORT

リーグ戦第10節、筑波大学対日本体育大学の一戦。インサイドに強みのある日本体育大とシュート力を軸にオフェンスを組み立てる筑波大の構図となった。延長戦までもつれ込む大接戦となったが、最後勝負強さを見せた日本体育大が筑波大を下す。82-87、日本体育大が勝利し、リーグ戦戦績を7勝4敗、5位が確定した。


第1クォーター、日本体育大は#35ムトンボの高さを活かしたオフェンスを展開。対する筑波大はアウトサイドシュートとトランジションで得点を重ねる。両者相手に流れを与えず、シーソーゲームとなる。21-18、筑波大がわずかにリードし第1クォーター終了。


第2クォーター、筑波大はインサイドにトラップを仕掛けディフェンスからのトランジションで流れをつかむ。日本体育大は一貫してインサイドにボールを集めるが、筑波大の攻撃を止めることができず苦しい状況に。終了間際、筑波大#13二上が3Pシュートを沈め、44-29とリードを広げ、第2クォーター終了。


第3クォーター、日本体育大が#35ムトンボによるセカンドチャンスと持ち前のディフェンスからのトランジション完全に勢いに乗る。5点差まで詰め寄るも、筑波大も終盤にディフェンスが機能し、得意の速い展開で再び点差を広げる。60-52、筑波大がリードしたまま第3クォーター終了。


第4クォーター、日本体育大#23小川がドライブでディフェンスを翻弄。筑波大はアウトサイドシュートを起点に攻撃するもリングに嫌われ、インサイドにアドバンテージがある日本体育大にオフェンスリバウンドを許すなど苦しい展開に。土壇場で日本体育大#28井出が3Pシュートを沈め、延長戦へもつれ込む。72-72、日本体育大が同点に追いつき、第4クォーター終了。


延長戦、決めたら決め返す両者譲らぬ白熱した展開となる。#35ムトンボがインサイドで奮闘を見せ、残り1分トランジションを出した日本体育大が4点のリードを得る。その後ファールゲームとなり、82-87、逃げ切った日本体育大が7つ目の白星を挙げる

中林賢梧