試合区分:No.12931
開催期日:2021年11月7日
開始時間:11:30:00
開催場所: リリーアリーナMITO bコート
主審:山崎 昭一
副審:瓜田 真司

神奈川大学 67 10 -1P- 18
15 -2P- 20
20 -3P- 15
22 -4P- 25
-OT-
-OT-
78 中央大学

神奈川大学

HC:
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
3 小針 幸也 20 3 7 3 6 5 5 3 0 1 1 2 0 0 4 25:20
5 保坂 晃毅 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:06
7 東野 恒紀 9 0 2 2 4 5 6 4 1 1 2 3 0 0 1 30:41
9 金 燦賢 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0:08
11 工 陸都 8 0 1 2 11 4 4 2 8 1 9 2 0 0 1 27:23
19 澤田石 将哲 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 3:16
21 阿部 千寛 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:13
22 山本 颯太 4 0 0 2 2 0 0 1 0 1 1 0 0 0 2 5:59
25 向 奏瑠 5 1 2 1 6 0 0 1 4 4 8 0 1 0 3 29:08
30 三浦 拓 2 0 0 1 3 0 0 1 2 3 5 0 0 0 0 16:08
34 工藤 貴哉 11 2 5 1 5 3 3 1 0 3 3 1 1 0 0 33:49
35 永沼 創汰朗 DNP
51 横山 悠人 2 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2 10:24
61 鈴木 雅之 6 2 5 0 1 0 0 2 0 0 0 0 1 0 0 12:03
87 高木 卓也 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:21
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 5 9 0 0 0 1 00:00
合計 67 8 23 13 41 17 18 15 19 20 39 9 4 0 14 200:00

中央大学

HC:
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
2 内尾 聡理 7 2 3 0 1 1 2 2 0 3 3 5 2 1 1 22:42
3 北村 孝太 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:21
6 菊池 允 7 1 1 1 4 2 4 0 0 2 2 0 0 0 0 23:26
10 田中 裕也 5 1 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5:56
13 小川 翔矢 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2 4:37
15 町井 丈太 13 1 1 4 8 2 2 3 0 0 0 4 0 0 0 22:51
16 栃木 俊亮 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 1:21
21 渡部 琉 15 2 8 3 7 3 3 2 0 4 4 0 0 0 2 31:46
24 田中 智也 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0:21
28 濵野 裕稀 0 0 0 0 1 0 0 0 1 1 2 0 0 0 1 7:53
32 高田 裕生 3 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:57
35 清水 宏記 9 1 2 3 7 0 0 2 1 0 1 0 2 0 0 19:36
47 吉田 崇紘 12 0 0 4 6 4 6 1 4 5 9 0 1 2 3 28:38
60 蒔苗 勇人 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 5:33
99 古河 ウェスリー 4 0 0 1 1 2 2 4 1 5 6 1 0 3 1 21:02
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 4 6 0 0 0 0 00:00
合計 78 10 19 17 38 14 19 15 11 24 35 11 5 7 11 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第10節、中央大学対神奈川大学の一戦。前半はディフェンスからの速攻と3Pシュートで中央大がリードを奪い、神奈川大が背を追う展開。後半に入り、神奈川大が3Pシュートとフリースローで点差を詰めるも、同様に中央大も3Pシュートで応戦。神奈川大の猛攻を要所でショットを沈めた中央大が勝利。67-78で神奈川大を退け、中央大はリーグ戦戦績6勝5敗、7位が確定した。


第1クォーター、中央大はピックプレーからインサイドを攻め、対する神奈川大はキックアウトから3Pシュートで得点を狙う。両者得点につながらずロースコアな展開に。終盤ディフェンスからの速攻で中央大がリードを奪い、10-18で第1クォーター終了。


第2クォーター、互いに持ち味の速い展開に持ち込むも両者得点を重ね、点差は変わらず再びシーソーゲームに。後半、中央大が3ポイントシュートで突き放しに成功し、点差を13点とする。25-38、中央大がリードを広げ第2クォーター終了。


第3クォーター、神奈川大が3Pシュートに反撃の糸口を見出し、フリースローもあわせてその差を3点まで詰める。しかし、中央大も負けじと3Pシュートでリードを死守し、このクォーターをしのぐ。45-53、依然中央大リードのまま第3クォーター終了。


第4クォーター、神奈川大は#3小針、#7東野のドライブを起点に攻め立てるも、神奈川大のこの試合機能している中外バランスの良い攻撃で点差が思うように縮まらない。神奈川大#11工がゴール下で最後まで奮闘を見せるも、追いつくには至らずタイムアップ。67-78、中央大が4連勝を飾り、リーグを締めくくった。

中林賢梧