試合区分:No.12919
開催期日:2021年11月4日
開始時間:13:30:00
開催場所: 駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館 bコート
主審:廣瀬 俊昭
副審:平山 智章

拓殖大学 79 20 -1P- 12
20 -2P- 15
21 -3P- 11
18 -4P- 31
-OT-
-OT-
69 神奈川大学

拓殖大学

HC:池内 泰明
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 神田 壮一郎 13 0 2 6 8 1 2 3 3 2 5 2 1 1 0 28:16
1 織田 祐光 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 1 1:35
2 平良 陽汰 2 0 0 1 6 0 2 3 1 6 7 6 2 0 3 25:55
7 中川 泰志 5 0 0 1 3 3 4 1 0 2 2 0 0 0 0 7:25
8 祝 俊成 0 0 2 0 1 0 0 1 1 1 2 4 0 0 0 13:37
16 鈴木 雄馬 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6:52
21 須藤 陸 7 1 4 2 5 0 0 1 0 0 0 0 2 1 0 23:58
22 貝田 凜太郎 4 0 0 2 2 0 0 0 2 0 2 0 0 0 0 8:47
24 ジョフ ユセフ 31 2 5 8 15 9 14 1 8 17 25 5 3 3 1 38:01
27 鈴木 治輝 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 1 0 0 0 2:46
42 益子 拓己 14 1 3 5 5 1 3 2 1 1 2 1 2 1 1 25:10
74 小森 颯太 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2 3:34
79 鈴木 颯 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:09
83 吉本 大心 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 5:39
88 大石 隼 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 5:16
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 00:00
合計 79 5 18 25 46 14 25 14 17 32 49 20 10 7 9 200:00

神奈川大学

HC:幸嶋 謙二
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
3 小針 幸也 14 2 6 4 9 0 0 2 3 1 4 2 1 0 4 31:37
5 保坂 晃毅 2 0 0 1 6 0 0 0 1 3 4 1 2 0 0 12:12
7 東野 恒紀 6 0 0 2 3 2 2 2 0 2 2 0 0 0 2 9:15
11 工 陸都 12 0 0 6 13 0 0 3 0 2 2 0 1 0 1 34:21
19 澤田石 将哲 10 2 9 1 2 2 2 4 0 4 4 0 1 0 2 26:50
21 阿部 千寛 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1:51
22 山本 颯太 0 0 0 0 1 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0 3:24
25 向 奏瑠 5 0 1 2 6 1 2 4 3 1 4 1 2 0 1 14:44
30 三浦 拓 2 0 0 1 5 0 0 2 5 0 5 1 0 0 0 9:31
34 工藤 貴哉 6 2 6 0 1 0 0 2 0 2 2 1 1 1 0 22:11
35 永沼 創汰朗 DNP
51 横山 悠人 4 0 0 2 3 0 0 1 4 1 5 1 1 0 1 7:24
61 鈴木 雅之 6 2 5 0 0 0 0 1 1 1 2 2 2 0 1 12:10
87 高木 卓也 2 0 2 1 2 0 0 1 0 0 0 1 0 1 0 12:30
88 伊東 翼 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 2 5 0 0 0 0 00:00
合計 69 8 29 20 51 5 6 24 20 20 40 11 11 2 12 200:00

GAME REPORT

 リーグ戦第9節、拓殖大学対神奈川大学の一戦。この試合で圧倒的な存在感を放ったのは、拓殖大#24ユセフ。広いシュートレンジから得点に成功、インサイドでもファウルを獲得し、ディフェンス面でもリバウンドにブロックと神奈川大に脅威を与える存在となる。神奈川大は終始追いかける展開となるが、#3小針が屈することなく巧みなドリブルワークでペイントエリアに侵入し得点。#7東野もファウルを獲得、確実にフリースローを沈め応戦するも拓殖大の攻撃力には一歩及ばず。79-69で拓殖大が神奈川大を破り、リーグ戦戦績を2勝7敗とした。


 第1クォーター、神奈川大はロングパスから速い攻撃展開を狙うが、なかなか得点には結びつかない。対する拓殖大は、#2平良を中心に得点を重ね、ディフェンス面でも、オールコートプレスを敷いて神奈川大に攻撃の隙を与えずリードを広げる。神奈川大#3小針がドライブで切り込み、得点し同点まで追いつくが、またも拓殖大ペースで試合が進み終了。20-12、拓殖大リードで第1クォーター終了。


第2クォーター、拓殖大#24ユセフが攻守で活躍。ロングシュートを量産したかと思うと、リバウンドショットでバスケットカウントを演出、ディフェンスでもブロックからリバウンドまでこなし大活躍を見せる。追い詰められた神奈川大は、シュートを放つもののなかなか得点には結びつかず苦しい時間が続く。ここでも#3小針が、要所で巧みなドリブルワークを披露し、拓殖大の流れを断ち切ろうと試みるもののその差は縮まらず。40-27、拓殖大が十分なリードを保ったまま前半を折り返す。


 第3クォーター、またも拓殖大#24ユセフの独壇場と化す。ドライブからアシストパスまで魅せ、まさにオールラウンドの活躍をし、神奈川大を引き離していく。神奈川大は、#34工藤が連続3Pシュートに成功するも、攻撃機会が減り得点が停滞。61-38、拓殖大が点差を広げ第3クォーター終了。


 第4クォーター、ここで最後の巻き返しを狙う神奈川大。#3小針、#61鈴木がそれぞれ3Pシュートを2本沈めると、#19澤田石も相手のファウルを誘い、フリースローを得て得点を重ね、怒涛の追い上げを見せる。しかし、1度開いた点差を返すことはできず、79-69で試合終了。拓殖大が神奈川大に勝利し、リーグ戦2勝を挙げた。


田山 穂香