試合区分:No.12917
開催期日:2021年10月31日
開始時間:17:30:00
開催場所: 日本体育大学世田谷キャンパスbコート
主審:山崎 敬次郎
副審:豊島 浩章

東海大学 85 15 -1P- 21
26 -2P- 04
19 -3P- 11
25 -4P- 13
-OT-
-OT-
49 早稲田大学

東海大学

HC:
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
3 ハーパー ジャン ローレンス ジュニア 2 0 1 1 2 0 0 0 4 4 7 3 1 0 2 7:51
4 小玉 大智 2 0 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 11:24
5 河村 勇輝 10 0 0 3 5 4 4 0 2 5 7 3 1 0 1 16:53
10 張 正亮 2 0 0 1 5 0 0 2 1 1 2 0 1 0 0 14:29
11 大倉 颯太 6 0 2 3 4 0 2 1 0 1 1 0 0 0 1 13:06
13 金近 廉 7 1 3 1 2 2 2 0 1 3 4 1 1 1 0 14:32
15 島谷 怜 4 0 1 1 2 2 2 2 0 1 1 2 0 0 0 15:16
16 西田 公陽 5 1 4 1 2 0 0 1 0 3 3 0 0 0 1 10:49
18 西田 陽成 5 1 3 1 2 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 11:15
20 伊藤 領 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 1 0 0 1 2:38
23 佐土原 遼 16 4 5 1 3 2 4 2 5 5 10 1 0 0 4 21:17
24 松崎 裕樹 13 2 6 3 4 1 1 0 3 3 6 1 0 1 0 16:21
31 松本 礼太 3 1 3 0 1 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 9:40
60 坂本 聖芽 2 0 3 1 4 0 0 3 0 6 6 0 2 0 2 16:11
86 八村 阿蓮 8 0 0 4 6 0 0 0 2 4 6 1 1 1 1 18:18
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 00:00
合計 85 10 32 22 43 11 15 11 19 38 56 14 7 3 13 200:00

早稲田大学

HC:
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 神田 誠仁 2 0 0 1 3 0 0 1 0 2 2 1 2 0 4 16:37
7 宮本 一樹 13 2 6 2 4 3 3 2 0 3 3 4 1 0 2 37:11
8 津田 誠人 DNP
10 福永 陸眞 DNP
12 土家 大輝 7 1 8 2 4 0 0 2 4 3 7 3 0 0 6 28:24
13 星川 堅信 7 1 7 2 9 0 0 3 0 5 5 2 1 0 3 40:00
14 小野 功稀 13 4 9 0 2 1 3 1 0 3 3 0 0 0 1 34:33
15 兪 龍海 DNP
17 高羽 優介 DNP
18 萩原 圭 DNP
24 細溪 宙大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:37
25 宮川 丈クレイトン 3 1 4 0 4 0 0 2 3 2 5 0 0 0 0 14:41
33 大柳 慶悟 2 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 4:11
77 石坂 悠月 2 0 0 1 6 0 0 3 1 4 5 0 0 0 1 22:46
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 6 0 0 0 0 00:00
合計 49 9 34 9 33 4 6 14 11 25 36 11 4 0 18 200:00

GAME REPORT

 リーグ戦第8節、東海大学対早稲田大学の一戦。序盤のスタートダッシュに成功したのは早稲田大。激しいディフェンスで東海大の攻撃を封じ、#25宮川、#7宮本の3Pシュートでリードを奪う。しかし、第2クォーター中盤、東海大がトランジションからの連続得点をあげ流れを掴むと、要所要所で強さを見せ得点を伸ばす。早稲田大が追い上げを見せる時間帯もあるものも、東海大#23佐土原らがきっちりと締めて試合終了。85-49で東海大が早稲田大に勝利を収め、リーグ戦戦績を7勝1敗とした。



 第1クォーター、序盤から大きな動きのない拮抗した状態となる。東海大は#24松崎の3Pシュートで先制するも、早稲田大#13星川、#1神田が順調に得点を返し、その後も一進一退の攻防が続く。終盤、早稲田大#25宮川、#7宮本が連続で3Pシュートを決め、15-21、早稲田大リードで第1クォーター終了。


 第2クォーター、開始早々早稲田大#13が3Pシュートを沈めるも、東海大#23佐土原、#13金近の3Pシュートで同点に追いつく。しばらくお互いに点が入らない膠着状態に陥るも、東海大がスティールから連続得点をあげ流れを掴む。その後東海大はディフェンスリバウンドショットで得点を重ね、41-25、東海大リードで前半終了。


 第3クォーター、東海大が前半の勢いそのまま#23佐土原、#24松崎を中心に得点を重ね、早稲田大を突き放す。対する早稲田大は、アウトサイドから攻め込むもリングに阻まれ得点を伸ばせず、60-36、東海大がリードのまま第3クォーター終了。


 第4クォーター、前クォーターまでと変わらず東海大ペースのまま試合は進む。点差を縮めたい早稲田大は、#14小野の3Pシュートなどで得点するも、ターンオーバーが嵩み思うように点差が縮まらない。その間に東海大は順調に得点を伸ばし、85-49で試合終了。東海大が勝利を収め、リーグ戦戦績を7勝1敗とした。

岩田 美祐