試合区分:No.12893
開催期日:2021年10月30日
開始時間:15:00:00
開催場所: 駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館 aコート
主審:草野 伸明
副審:斉藤 貴嗣

青山学院大学 59 14 -1P- 11
19 -2P- 19
15 -3P- 16
11 -4P- 20
-OT-
-OT-
66 白鴎大学

青山学院大学

HC:吉岡 修平
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 広瀬 翔一 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 00:00
1 細川 翔平 DNP
2 漆山 蓮 7 0 0 3 3 1 2 1 0 0 0 2 0 0 2 16:27
5 小川 俊哉 DNP
6 菅野 達海 2 0 0 1 1 0 0 3 0 1 1 1 1 0 1 15:34
7 進 翔太 10 1 3 3 6 1 1 2 0 8 8 1 2 0 3 25:25
10 槇野 伶 9 3 6 0 2 0 0 1 0 1 1 1 0 0 3 35:47
11 太田 都夢 DNP
13 才藤 樹 DNP
17 保泉 遼 6 0 2 3 4 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 17:28
18 吉田 凜 DNP
19 野本 康悟 DNP
20 和田 蓮太郎 6 0 0 3 10 0 0 1 2 0 2 1 0 0 0 25:40
24 永野 聖汰 8 1 4 2 7 1 2 4 1 2 3 3 1 0 1 34:17
36 相原 アレクサンダー学 11 0 1 5 9 1 1 5 0 7 7 0 2 1 4 29:21
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5 7 0 0 0 1 00:00
合計 59 5 16 20 42 4 6 18 5 24 29 9 6 1 17 200:00

白鴎大学

HC:網野 友雄
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 関屋 心 0 0 3 0 1 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 14:33
2 脇 真大 12 0 1 3 7 6 8 3 2 4 6 0 1 1 4 28:42
14 末廣 力久 4 0 1 2 2 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 3:59
24 森下 瞬真 DNP
25 角田 太輝 12 0 5 5 6 2 2 3 1 2 3 1 1 0 0 21:43
27 東海林 奨 2 0 0 1 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 1 2:40
29 小島 基嵩 DNP
33 杉山 裕介 8 0 3 3 3 2 4 1 2 4 6 0 1 0 2 19:14
35 ミサカボ ベニ 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 1 0 0 3:48
45 シソコ ドラマネ 5 0 1 2 3 1 3 0 4 4 8 1 0 0 2 13:52
52 ブラ グロリダ 12 0 0 4 7 4 4 1 2 6 8 1 2 1 1 22:20
56 小室 昂大 6 0 1 3 6 0 0 0 0 0 0 2 1 1 1 20:56
66 松下 裕汰 2 0 2 1 5 0 0 2 1 4 5 0 1 0 1 29:09
71 嘉数 啓希 3 1 4 0 1 0 2 0 1 0 1 0 1 0 0 19:04
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1 4 0 0 0 1 00:00
合計 66 1 21 24 42 15 23 12 17 26 43 7 9 3 13 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第7節、青山学院大学対白鷗大学の一戦。#36相原を中心に、青山学院大がこのゲームを牽引しリードする。対する白鷗大は、落ち着いたセットプレーからアウトサイドシュートを狙っていくが、青山学院大にリードを許すと、オールコートでプレッシャーを掛け、ターンオーバーを狙い、速攻に持ち込む。最後までわからない接戦を見せたが、白鷗大#66松下が意地を見せ果敢にゴールに攻め込み粘り勝ち。59-66、白鷗大が青山学院大を破り、リーグ戦戦績を5勝2敗とした。


 第1クォーター、両チーム堅いディフェンスで拮抗する展開となるが、青山学院大は、ターンオーバーとファウルにより白鷗大に得点機会を与えてしまい、リードを許す。しかし、#20和田のアシストから#10槙野が3Pシュートを決め、勢いに乗る青山学院大。#36相原がバスケットカウントを獲得、要所で3Pシュートも沈めに成功逆転、14-11、青山学院大が3点リードで第1クォーター終了。


第2クォーター、白鷗大は#45シソコがリバウンドに貢献し、速攻から得点を演出すると逆点に成功。このまま白鷗大が流れを引き寄せるかと思われたが、青山学院大は#24永野#36相原を中心にアウトサイドシュートを確実に沈め、インサイドへも積極的に攻め込み攻撃し再び逆転に成功。両者譲らぬシーソーゲームに。33-30、変わらず青山学院大リードで前半終了。


第3クォーター、ここで逆点したい白鷗大は、オールコートプレスで青山学院大のターンオーバーを誘うと、#25角田、#33杉山が巧みなステップでインサイドに切り込み得点。対する青山学院大も、リバウンドからコンスタントに得点を重ね意地を見せるが、#52ブラのゴール下での奮闘もあり逆点に成功。48-46と両者譲らぬ接戦のまま、勝負は第3クォーターへ。


第4クォーター、ここで負けられない白鷗大は、キャプテン#66松下が果敢にドライブ、捨て身のディフェンスで勝負を賭ける。その後も、速い攻撃展開に持ち込んだ白鷗大が得点を重ねリードを広げていく。青山学院大も、#24永野が個人技を光らせるが、ここで得点の要である#36相原がファウルアウト。その隙を狙った白鷗大が速攻で畳み掛け勝負あり。59-66、白鷗大が接戦の末青山学院大を破り、5勝目を飾った。


田山 穂香