試合区分:No.12891
開催期日:2021年10月23日
開始時間:15:00:00
開催場所: 東海大学 湘南キャンパス
主審:廣瀬 俊昭
副審:新井 文明

日本大学 65 22 -1P- 17
15 -2P- 22
13 -3P- 17
15 -4P- 19
-OT-
-OT-
75 大東文化大学

日本大学

HC:城間 修平
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 佐藤 大介 0 0 2 0 0 0 0 1 0 2 2 0 0 1 0 9:23
3 米須 玲音 10 0 2 4 5 2 2 2 3 1 4 6 1 0 1 29:20
6 野口 佑真 2 0 0 1 3 0 0 1 2 0 2 0 0 0 1 18:43
8 陳岡 燈生 6 1 3 1 1 1 1 1 0 1 1 1 1 0 0 14:44
10 新沼 康生 DNP
12 コンゴロー デイビット 11 0 0 4 13 3 7 1 6 9 15 3 0 0 2 29:02
15 鴇田 風真 13 2 5 2 4 3 4 1 0 1 1 0 0 0 1 19:58
20 矢澤 樹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5:20
22 飯尾 文哉 7 1 9 2 4 0 0 1 0 3 3 3 2 0 4 28:47
30 丸山 賢人 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:08
35 工藤 魁 DNP
55 矢口 翔 DNP
63 クリバリー ガウソウ 2 0 0 1 3 0 0 2 0 3 3 0 0 0 1 10:58
74 若林 行宗 14 4 7 1 2 0 0 3 1 0 1 0 0 0 0 25:19
99 原 大晴 0 0 0 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 5:18
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 0 0 0 0 00:00
合計 65 8 30 16 35 9 16 14 14 20 34 13 4 1 10 200:00

大東文化大学

HC:西尾 吉弘
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 深渡瀬 海 3 0 1 0 0 3 4 4 0 4 4 3 0 0 0 24:30
3 星野 京介 14 3 9 2 7 1 2 1 0 2 2 3 2 0 2 30:54
4 菊地 広人 3 0 1 1 1 1 1 0 0 3 3 1 1 0 0 7:16
6 中川 祥一郎 7 1 1 2 3 0 0 2 0 1 1 1 0 0 0 15:24
7 高島 紳司 8 2 3 1 4 0 0 1 1 4 5 1 1 0 0 31:27
8 石川 晴道 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5:18
12 中村 拓人 16 2 6 1 6 8 10 3 1 7 8 1 0 0 1 34:42
13 米本 信也 DNP
14 谷川 海斗 DNP
18 岩橋 史門 DNP
21 富山 仁貴 DNP
23 藤本 翔己 DNP
24 向後アディソン ジェスモンド 10 1 1 3 5 1 2 3 1 1 2 0 0 2 1 16:31
25 山内ジャヘル 琉人 0 0 2 0 1 0 0 3 0 2 2 1 1 0 0 10:29
34 バトゥマニ クリバリ 11 0 0 5 7 1 1 4 5 6 11 2 2 1 3 23:28
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 0 0 0 0 00:00
合計 75 10 25 15 34 15 20 21 10 30 40 13 7 3 9 200:00

GAME REPORT

 リーグ戦第6節、日本大学対大東文化大学の一戦。開始はスローペースであったが、日本大が主導権を握り、大東文化大のファウルを誘い得点を重ねていった。しかし、試合が進むにつれ、今度は日本大のファウルが嵩み、大東文化大が落ち着いてフリースロを沈めた。大東文化は、その後も#3星野を中心にアウトサイドシュートで得点を重ね、ディフェンスでもゴール下に日本大を寄せつけることなく、得点源を封じ込めることに成功した。58-66、大東文化大が日本大を破り、リーグ戦戦績を3勝3敗とした。


 第1クォーター、大東文化大は、#3星野の3Pシュートを中心にアウトサイドシュートで得点を重ねていく。対する日本大は、#3米須のアシストから#63ガウソウが豪快なダンクシュート、#15鴇田が3Pシュートを決めるなど中外を上手く使って攻撃を展開。22-17、日本大が僅かにリードし、第1クォーター終了。


 第2クォーター、日本大は#6クリバリがブロックにリバウンドと、ゴール下で堅実な働きを見せ、オフェンス面でも#3米須のアシストからバスケットカウントを獲得と大健闘。このまま日本大が勢いに乗りリードを広げるかと思われたが、大東文化大は、#24向後が3Pシュートを沈めその差を1点とすると、#8石川が3Pシュートを沈め逆転に成功。37-39、大東文化大が逆転に成功し前半終了。


 第3クォーター、大東文化大#34クリバリの強烈なブロックで、日本大は得点ペースが完全に停滞してしまう。更に、大東文化大は#7高島のアシストから#12中村が3Pシュート、#34クリバリがバスケットカウントを獲得と完全に流れを引き寄せ、逆転の勢いそのままにリードを広げていく。大東文化大が50-56と変わらずリードし、勝負は第3クォーターへ。


第4クォーター、大東文化大は、#7高島が3Pシュート、#6中川がスティールから速攻とその勢い止まらず、日本大に最後の追い討ちを掛ける。僅かな点差に苦しむ日本大は、#74若林が3Pシュートを2連続成功、#12コンゴローの捨て身のリバウンドから#3米須が得点し必死に食らいつくも、その差を縮めることができず試合終了。65-75で、大東文化大が日本大に勝利し、リーグ戦3勝目を挙げた。

田山 穂香