試合区分:No.12890
開催期日:2021年10月19日
開始時間:17:30:00
開催場所: 駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館 bコート
主審:東篠 輝正
副審:小原 宏太

東海大学 97 20 -1P- 11
19 -2P- 27
25 -3P- 12
33 -4P- 12
-OT-
-OT-
62 青山学院大学

東海大学

HC:陸川 章
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 黒川 虎徹 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 2:55
3 ハーパー ジャン ローレンス ジュニア 3 1 1 0 0 0 0 1 0 0 0 2 0 0 0 4:49
4 小玉 大智 5 1 1 0 1 2 2 2 1 1 2 2 1 0 0 14:47
5 河村 勇輝 13 0 0 3 5 7 9 0 1 2 3 8 0 0 0 20:02
13 金近 廉 17 1 4 6 10 2 5 3 3 3 6 1 0 0 0 21:42
15 島谷 怜 7 0 1 3 5 1 3 1 0 2 2 2 0 0 0 15:42
16 西田 公陽 0 0 2 0 0 0 0 1 1 5 6 0 0 0 1 18:26
18 西田 陽成 2 0 1 1 2 0 0 0 2 0 2 0 0 0 0 9:08
20 伊藤 領 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:38
23 佐土原 遼 24 2 4 9 13 0 2 1 3 7 10 0 0 0 1 24:19
24 松崎 裕樹 3 1 4 0 1 0 0 3 0 2 2 0 1 0 1 14:22
25 江原 信太朗 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:38
31 松本 礼太 7 1 1 1 2 2 2 0 0 1 1 0 0 0 0 12:56
60 坂本 聖芽 6 0 1 3 4 0 0 0 0 1 1 1 0 0 2 17:27
86 八村 阿蓮 10 0 0 4 5 2 2 3 1 4 5 0 0 2 1 18:09
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 00:00
合計 97 7 20 30 48 16 25 16 12 29 41 16 2 2 6 200:00

青山学院大学

HC:吉岡 修平
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 広瀬 翔一 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 00:00
1 細川 翔平 DNP
2 漆山 蓮 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 6:58
5 小川 俊哉 DNP
6 菅野 達海 7 0 0 3 5 1 3 4 1 4 5 0 0 0 0 20:08
7 進 翔太 2 0 1 1 1 0 0 1 1 3 4 0 0 0 1 16:30
10 槇野 伶 10 2 8 2 5 0 0 3 1 0 1 0 0 0 1 34:13
11 太田 都夢 DNP
13 才藤 樹 DNP
17 保泉 遼 1 0 1 0 3 1 2 1 0 5 5 3 0 0 0 22:06
18 吉田 凜 DNP
19 野本 康悟 0 0 2 0 2 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 5:28
20 和田 蓮太郎 5 0 3 2 3 1 2 4 0 0 0 0 2 0 0 30:05
24 永野 聖汰 9 3 6 0 1 0 0 2 0 1 1 5 0 0 0 30:58
36 相原 アレクサンダー学 26 1 4 10 15 3 6 2 1 5 6 0 1 1 1 33:32
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 00:00
合計 62 6 26 19 36 6 13 20 5 19 24 8 3 2 3 200:00

GAME REPORT

 リーグ戦第5節、東海大学対青山学院大学の一戦。序盤から、#24永野 #36相原を中心に3Pシュートで得点を重ねた青山学院大は、シーソーゲームに持ち込み、東海大に脅威を与えた。しかし、終盤では東海大が、選手層の厚さを見せ、試合展開に合わせた選手を登用し、確実に流れを引き寄せた。青山学院大も、コンスタントに得点していったが、東海大の#23佐土原を中心としたインサイドでの爆発力を押さえ込むことができず終了。97-62、東海大が青山学院大を破り、リーグ戦戦績を5勝とした。


 第1クォーター、東海大#24松崎の3Pシュートで先制すると#5河村がバスケットカウントを獲得し、その後も得点を重ねる。さらにディフェンス面でも青山学院大にプレッシャーを与え青山学院大を無得点に抑え続ける。なんとか得点したい青山学院大は、#10槙野が連続得点に成功。徐々に点差を縮めていくがリードは変わらず。20-11、東海大が9点リードで第2クォーターへ。


 第2クォーター、青山学院大は素早いトランジションからアウトサイドシュートを狙い、#24永野が連続3Pシュートに成功、その後#36相原の3Pシュートで1点差にまで追いつく。東海大は、#5河村のアシストで#23佐土原が豪快なシュートで魅せるも、ターンオーバーが多発し、青山学院大に得点機会を与えてしまう。東海大が依然リードするも、39-38と青山学院大が怒涛の追い上げを見せ、前半終了。


 第3クォーター、東海大のファウルが嵩み、青山学院大は、確実にフリースローを決め逆転を狙う。苦しい状況が続く東海大は、#23佐土原が登場すると、他を寄せ付けないポストプレーで得点を重ね、点差を広げることに成功。ディフェンス面でも、息のあったコミュニケーションで青山学院大の得点を封じ込む。64-50、東海大リードで最終クォーターへ。


 第4クォーター、青山学院大は14点差を返すべく#36相原が大健闘。4連続得点を挙げて最後の逆転の機会を狙うが、次第に主要メンバーのファウルが嵩み思うように動けなくなってしまう。東海大は、第3クォーターの勢いそのままに#23佐土原#86八村を起点とし、インサイドで得点を重ねると、#13金近のアウトサイドシュートも冴え渡り完全にゲームを支配してそのまま試合終了。97-62、最後には圧倒的な実力を見せつけた東海大が青山学院大に快勝し、リーグ戦無傷の5連勝を飾る。

田山 穂香