試合区分:No.12875
開催期日:2021年10月10日
開始時間:13:30:00
開催場所: 日本体育大学世田谷キャンパスbコート
主審:政氏 拓留
副審:瓜田 真司,徳丸 昂

青山学院大学 78 17 -1P- 20
16 -2P- 14
17 -3P- 19
28 -4P- 14
-OT-
-OT-
67 神奈川大学

青山学院大学

HC:吉岡 修平
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 広瀬 翔一 0 0 0 0 1 0 0 0 1 1 2 0 0 0 1 6:34
1 細川 翔平 DNP
2 漆山 蓮 7 0 0 2 3 3 4 3 0 4 4 1 1 0 3 25:13
5 小川 俊哉 DNP
6 菅野 達海 8 0 0 3 6 2 4 1 3 5 8 0 0 0 2 26:22
7 進 翔太 16 0 1 7 9 2 2 3 0 8 8 1 0 1 2 29:31
10 槇野 伶 14 2 6 4 7 0 0 1 0 3 3 1 1 0 1 30:02
11 太田 都夢 DNP
13 才藤 樹 DNP
17 保泉 遼 DNP
18 吉田 凜 DNP
19 野本 康悟 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:14
20 和田 蓮太郎 4 0 1 1 2 2 2 2 1 2 3 0 0 0 2 17:33
24 永野 聖汰 5 0 2 1 4 3 6 3 1 1 2 4 2 0 3 34:05
36 相原 アレクサンダー学 24 1 2 7 12 7 14 2 2 4 6 4 1 1 1 28:26
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1 4 0 0 0 0 00:00
合計 78 3 12 25 44 19 32 15 11 29 40 11 5 2 15 200:00

神奈川大学

HC:幸嶋 謙二
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
3 小針 幸也 5 1 7 1 5 0 1 3 2 1 3 4 0 0 3 27:13
5 保坂 晃毅 4 1 1 0 3 1 3 3 0 2 2 3 0 0 2 18:11
7 東野 恒紀 6 0 2 2 5 2 4 2 0 4 4 1 0 0 3 19:03
11 工 陸都 10 0 0 4 8 2 2 0 2 2 4 0 0 1 2 21:38
18 ナローン 恭平マイケル DNP
19 澤田石 将哲 DNP
21 阿部 千寛 2 0 0 1 1 0 0 2 2 2 4 1 0 0 0 12:39
22 山本 颯太 3 0 1 1 1 1 2 0 2 0 2 0 1 1 2 6:17
25 向 奏瑠 5 0 0 2 6 1 2 1 4 2 6 0 0 0 0 17:54
30 三浦 拓 5 1 2 1 3 0 0 5 0 2 2 0 1 0 1 21:32
34 工藤 貴哉 20 6 11 1 1 0 0 2 0 2 2 0 1 0 0 25:01
35 永沼 創汰朗 DNP
51 横山 悠人 2 0 4 0 1 2 4 3 0 3 3 1 1 0 1 17:45
61 鈴木 雅之 5 1 4 1 3 0 0 2 2 2 4 3 1 0 0 12:47
88 伊東 翼 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3 4 0 0 0 1 00:00
合計 67 10 32 14 37 9 18 23 15 25 40 13 5 2 15 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第4節、青山学院大学対神奈川大学の一戦。前半は3Pシュートとフリースローで着実に得点を重ねた神奈川大が終始試合を優位に進める。しかし、青山学院大も#36相原のペネトレイトを起点に食らいつき、僅かに神奈川大リードのまま前半終了。後半シーソーゲームとなるも、青山学院大#36相原のスコアリングとアシストで、流れをつかみ、青山学院大が逆転、さらに点差を二桁へ。神奈川大はタイムアウト後も流れを変えることはできず、そのまま試合終了。67対78、青山学院大が今シーズン一つ目の白星を挙げ、リーグ戦戦績を1勝3敗とした。


第1クォーター、序盤から神奈川大がハードなディフェンスで流れをつかむ。タイムアウトで流れを切った青山学院大はフリースローや3Pシュートで徐々に追いあげるも、神奈川大も負けずと3Pシュートで応戦し、追いつくには至らない。20対17、神奈川大がリードを保ち、第1クォーター終了。


第2クォーター、両者流れをつかむことはないものの、神奈川大がフリースローと3Pシュートで再び徐々に点差を広げる。終盤に青山学院大#24永野、#7進が2Pをねじ込み、点差を2点差まで詰める。終了間際にフリースローを得るが、2本目を外し、神奈川大が逃げ切る。34対33、神奈川大リードで第2クォーター終了。


第3クォーター、前半とはうって変わり、互いに点の入れ合いになる。その後も得点ペースは落ちるものの、拮抗した状態が続く。終盤にスティールからの速攻が出た神奈川大が一歩抜き出る。53対50、神奈川大リードで第3クォーター終了。


第4クォーター、#36相原の獅子奮迅の活躍が光り、青山学院大が逆転に成功、完全に流れをつかむ。残り3分半で点差が10点まで開き、神奈川大もたまらずタイムアウト。その後も神奈川大は流れをつかむことができずタイムアップ。67対78、青山学院大が初白星を飾った。

中林賢梧