試合区分:No.12869
開催期日:2021年10月6日
開始時間:13:00:00
開催場所: 駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館 bコート
主審:岩井 遙河
副審:稲田 翔人

青山学院大学 53 19 -1P- 19
08 -2P- 20
11 -3P- 21
15 -4P- 19
-OT-
-OT-
79 中央大学

青山学院大学

HC:吉岡 修平
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 広瀬 翔一 6 0 0 3 5 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 13:39
1 細川 翔平 4 0 1 2 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 5:28
2 漆山 蓮 0 0 1 0 3 0 0 1 1 1 2 1 1 0 0 27:33
5 小川 俊哉 1 0 0 0 1 1 2 1 1 0 1 0 0 0 0 7:48
6 菅野 達海 3 0 0 1 6 1 2 1 0 2 2 0 0 0 1 21:12
7 進 翔太 10 0 0 4 8 2 3 3 1 3 4 0 2 1 2 23:05
10 槇野 伶 8 2 5 1 3 0 0 1 1 0 1 0 0 0 0 28:31
11 太田 都夢 DNP
13 才藤 樹 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2:17
17 保泉 遼 DNP
18 吉田 凜 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 2 6:54
19 野本 康悟 2 0 1 1 5 0 0 1 0 2 2 1 0 0 0 17:18
20 和田 蓮太郎 5 1 1 1 3 0 0 4 0 1 1 0 0 1 2 16:07
24 永野 聖汰 14 1 2 3 10 5 8 4 0 6 6 3 1 0 3 30:08
36 相原 アレクサンダー学 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 4 0 0 0 3 00:00
合計 53 4 12 16 47 9 15 19 6 19 25 5 4 2 14 200:00

中央大学

HC:松山  繁
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 樋口 蒼生 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7:03
2 内尾 聡理 8 0 0 4 6 0 0 1 2 3 5 0 0 1 1 23:03
3 北村 孝太 2 0 0 1 3 0 0 1 3 1 4 0 1 0 0 8:52
6 菊池 允 3 0 0 1 3 1 2 1 1 3 4 1 0 0 2 20:05
10 田中 裕也 5 1 2 1 1 0 0 1 1 0 1 0 0 0 0 5:42
11 オヌ 太郎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3:28
12 神 魁杜 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:54
15 町井 丈太 15 2 2 4 7 1 2 1 1 3 4 0 0 0 0 20:29
16 栃木 俊亮 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 5:32
21 渡部 琉 23 4 8 4 7 3 5 3 1 3 4 2 1 0 0 21:49
24 田中 智也 0 0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:41
35 清水 宏記 2 0 4 1 4 0 0 1 1 3 4 1 0 0 1 20:20
47 吉田 崇紘 8 0 0 2 4 4 6 2 5 4 9 0 0 9 1 20:02
60 蒔苗 勇人 7 1 7 2 4 0 0 3 0 4 4 1 1 0 0 20:59
99 古河 ウェスリー 6 0 0 2 4 2 2 3 2 1 3 0 1 1 0 20:00
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 0 0 0 0 00:00
合計 79 8 25 22 45 11 17 19 17 28 45 5 4 11 6 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第3節、青山学院大学対中央大学の一戦。中央大は、#15町井、#47吉田、#21渡部を中心に、どこのエリアでも得点を重ねることができるという強みを存分に見せつけた。特に、#47渡部は、ブロックショット9本と青山学院大に得点する隙を与えさせず、攻守両面での活躍を見せた。青山学院大も#24永野の個人技が光る場面もあったが、中央大の攻撃力には及ばず。53-79で、青山学院大に勝利した中央大がリーグ戦戦績を1勝2敗とした。


第1クォーター、両者拮抗した試合展開で、得点に伸び悩む。中央大は、#47吉田がゴール下で健闘、リバウンドショットで得点を重ねるも、青山学院大#24永野が果敢にインサイドに攻め込み得点を重ね、青山学院大が僅かにリード。中央大も離れることなく追い続け、第1クォーター終了間際に#21神が放つ3Pシュートが決まり同点に並ぶ。19-19、両者譲らぬまま第1クォーター終了。


第2クォーター、中央大#60蒔苗が開始早々に3Pシュート決め逆転に成功、その後#21渡部、#15町井も3Pシュートを沈め中央大が10点差までその差を広げる。青山学院大は、中央大の激しいプレッシャーからターンオーバーを連発、徐々にファウルも嵩み苦しい時間を迎えることとなる。27-39、終始中央大ペースで第2クォーター終了。


第3クォーター、#21渡部が、アシストに得点と攻撃面で冴え渡り、#47吉田はブロックでディフェンスに貢献し、攻守ともに完全に中央大が支配。ここで負けられない青山学院大は、#24永野がインサイドで気迫のバスケットカウント、続いて#10槙野が3Pシュートを沈め意地を見せる。しかしここでも中央大#15町井が流れを引き寄せる3Pシュートを放ちリードをさらに広げる。38-60で、第4クォーターへ。


第4クォーター、中央大は素早いトランジションで得点を重ねる。対する、青山学院大はプレッシャーをかけ、スティールを狙っていくが、ファウルを取られてしまい、思うようにゲームを進めることができない。それでも#1細川が果敢に攻め込み得点を重ね、最後まで猛追したが及ばずここで終了。53-79、中央大が圧巻の得点能力を見せつけリーグ戦初白星を飾る。


田山 穂香