試合区分:No.11746
開催期日:2019年11月2日
開始時間:14:00:00
開催場所: 水戸市青柳公園市民体育館 aコート
主審:長谷川 裕
副審:稲田 翔人

日本大学 74 20 -1P- 16
10 -2P- 12
19 -3P- 16
25 -4P- 20
-OT-
-OT-
64 明治大学

日本大学

HC:城間 修平
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 シェイク ケイタ 13 0 0 4 9 5 9 4 4 4 8 0 0 2 4 20:45
1 佐藤 大介 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:41
3 市橋 歩 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:00
4 上澤 俊喜 14 2 4 4 5 0 0 2 1 3 4 2 1 0 1 28:45
5 久納 有清 5 0 1 2 8 1 2 1 2 4 6 0 1 0 2 27:24
11 高原 晟也 17 2 8 4 5 3 6 2 1 4 5 3 1 0 1 26:23
14 松脇 圭志 13 3 8 2 3 0 0 1 0 4 5 3 4 0 5 33:15
22 飯尾 文哉 2 0 2 1 1 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 11:15
24 鴇田 風真 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:00
30 山根 響 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:00
33 細割 駿佑 0 0 0 0 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 3:44
34 藤井 優 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:00
59 嶋田 裕斗 6 0 0 2 5 2 2 0 1 2 3 1 0 0 0 27:22
60 黒田 亘 4 0 0 2 3 0 0 2 3 1 4 1 0 0 0 16:49
85 境 ソラージ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:30
合計 74 7 23 21 40 11 19 14 12 22 35 12 7 2 13 200:00

明治大学

HC:鍵冨 義宏
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 中村 吏 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:00
1 園部 毅 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:00
7 植松 義也 13 1 3 5 7 0 2 2 6 4 10 0 0 3 3 34:33
9 塚本 舞生 0 0 0 0 1 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 4:37
10 須藤 昂矢 16 2 7 4 9 2 2 2 1 4 5 0 2 0 4 35:02
11 奥野 綾汰 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 1 1:54
14 戸堀 春輝 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:00
15 渡辺 翔太 16 4 9 2 7 0 0 3 1 2 3 5 2 0 4 34:20
17 常田 耕平 0 0 3 0 1 0 0 3 0 2 2 3 1 0 0 21:40
31 吉村 公汰 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:00
34 富田 一成 9 2 9 1 2 1 2 4 1 4 5 0 0 0 2 20:23
52 溝口 月斗 5 0 0 1 3 3 4 0 4 3 7 0 2 1 1 36:33
56 永田 渉 5 0 0 2 4 1 1 4 2 1 3 0 0 0 1 8:52
71 若月 遼 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:59
88 佐藤 大介 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:00
合計 64 9 31 15 34 7 11 19 15 22 37 8 7 4 16 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第19節、日本大学vs明治大学。日大が明治を74-64で退けた。日大は#4上澤、#11高原、#14松脇の3人が二桁得点をマークし勝利に貢献。明治は#15渡辺、#10須藤が共に16得点を挙げるも、一歩及ばなかった。これによって日大のリーグ戦績は11勝8敗。

 第1Q、序盤から点の取り合いとなる。日大は#14松脇が攻守において活躍を見せ、チームを引っ張る。明治は#15渡辺、#11須藤らが果敢にアタックするも、ターンオーバーでチャンスを摘み取られてしまう。20-16と日大がリード。

 第2Q、日大#0ケイタがファウルトラブルになり、ベンチに退く。すかさず明治は#34富田、#15渡辺らがスコアし、接戦に持ち込む。わずかに日大リードも、流れは明治に傾く。30-28で前半を終える。

 第3Q、日大の得点が伸び始める。#14松脇、#11高原が3Pシュートを沈めてリードを広げる。明治は、#10須藤、#7植松の個人技でやり返すも、リードを許す。49-44と日大リード。

 第4Q、日大の#0ケイタが高さを生かして得点を量産。あとがない明治だが、思うように3Pシュートが決まらない。そのまま時間が過ぎ、74-64で日大が明治を下した

T.Kimura