試合区分:No.11739
開催期日:2019年10月27日
開始時間:13:40:00
開催場所: 東海大学湘南キャンパス
主審:吉宇田 太一
副審:安藤 俊明

専修大学 102 23 -1P- 12
30 -2P- 16
29 -3P- 16
20 -4P- 23
-OT-
-OT-
67 法政大学

専修大学

HC:佐々木 優一
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 ケイタ シェイクブーバガー 9 0 0 4 6 1 1 2 2 4 6 0 1 0 2 20:36
1 山本 翔太 6 1 2 1 1 1 1 1 0 2 2 0 0 0 0 7:35
5 安部 紘貴 1 0 0 0 1 1 2 1 0 2 2 2 1 0 1 12:08
6 樋口 健太 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 1 0 0 1 0 5:37
9 重冨 友希 3 1 2 0 0 0 0 2 0 3 3 1 0 0 0 11:06
12 西野 曜 12 0 3 5 8 2 2 2 1 1 2 1 0 1 2 21:11
23 キング 開 13 0 0 5 7 3 4 0 1 0 1 2 1 2 0 16:46
28 野﨑 由之 13 3 5 2 3 0 0 1 0 0 0 0 0 1 1 12:33
30 アブ フィリップ 9 0 0 3 7 3 5 1 2 8 10 2 0 1 2 16:46
34 盛實 海翔 4 1 2 0 0 1 2 1 0 1 1 0 0 0 0 16:21
46 寺澤 大夢 18 1 2 7 8 1 2 0 2 3 5 1 1 0 0 22:29
48 竹田 寛人 4 0 0 1 3 2 2 0 1 1 2 0 0 0 1 8:45
88 重冨  周希 8 1 1 2 3 1 1 0 1 0 1 1 0 0 0 11:06
91 渡邉 諒 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 2:38
95 齋藤 瑠偉 2 0 3 1 3 0 1 0 0 0 0 1 2 0 1 14:23
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 3 5 0 0 0 0 00:00
合計 102 8 20 31 51 16 23 12 12 30 42 11 6 6 10 200:00

法政大学

HC:佐藤 俊二
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 川島 聖那 4 0 0 2 4 0 0 2 0 0 0 1 0 0 1 25:30
2 澁谷 錬 11 1 3 4 6 0 1 2 1 0 1 0 0 0 0 10:06
7 柴田 京哉 5 1 2 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 9:41
13 本間 紗斗 DNP
15 米山 滉人 DNP
18 蓮野 加成 DNP
21 大久保 海斗 DNP
24 鈴木 悠介 15 0 0 6 13 3 3 3 2 3 5 4 0 0 5 32:47
25 古川 空音 5 1 4 1 1 0 0 2 0 0 0 2 0 0 0 11:36
27 原田 一真 DNP
30 水野 幹太 2 0 2 1 4 0 0 4 0 0 0 2 0 0 5 22:59
31 戸井 堅士朗 4 0 1 2 3 0 0 0 1 1 2 0 0 0 1 12:25
33 茨城 博晃 13 3 8 2 5 0 0 2 3 3 6 1 1 0 0 27:58
34 濱田 裕太郎 2 0 4 1 2 0 0 1 1 2 3 1 2 0 2 25:38
51 金本 一真 6 0 2 3 6 0 0 3 3 4 7 5 0 0 0 21:19
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 9 11 0 0 0 0 00:00
合計 67 6 26 23 46 3 4 19 13 22 35 16 3 0 14 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第18節、専修大学対法政大学の一戦。序盤に専修大が法政大相手にリードを奪い、その後もリードを広げ続け終始圧倒。そのまま一度も法政大にリードを許すことなく試合を進めて試合終了。102-67で専修大が法政大相手に勝利を収め、リーグ戦績を12勝6敗とした。


第1クォーター、専修大は#23キングのレイアップで先制すると,#12西野のジャンパー、#46寺澤のドライブなどで順調に加点し序盤の主導権を握る。対する法政大は序盤こそ#34濱田、#24鈴木が得点するも、後が続かず苦しい展開。その後も専修大は#34盛實が3Pシュートを沈めるなど、流れは変わらず第1クォーター終了。23-12、専修大リードで第2クォーターへ。


第2クォーター、法政大は#51金本が7点連続得点を挙げ追い上げを見せる。しかし、専修大が#28野﨑を中心に反撃し点差を逆に広げていく。その後も終始専修大ペースのまま第2クォーター終了。53-28、専修大が法政大を圧倒して前半を折り返す。


第3クォーター、前半同様主導権を握ったのは専修大、#46寺澤らがジャンパーで加点する。法政大も#24鈴木らが得点を挙げるも流れは専修大。法政大#7柴田が終盤ジャンパーをねじ込むも、終了直前に専修大#88重冨(周)が3Pシュートを決めて第3クォーター終了。82-44、専修大が点差を広げて最終クォーターへ。


第4クォーター、主導権を握るのは相変わらず専修大。ファウルが多い法政大を尻目にフリースローで着実に加点していく。法政大は#25古川、#2澁谷を中心に得点していく。しかし、大局は変わらずそのままタイムアップ。102-67で専修大が法政大を破り3連勝を果たした。

谷嶋 瑞希