試合区分:No.11704
開催期日:2019年10月6日
開始時間:15:40:00
開催場所: 日本体育大学 世田谷キャンパス
主審:藤代 透
副審:山岡 忠

東海大学 59 15 -1P- 14
13 -2P- 14
15 -3P- 15
16 -4P- 11
-OT-
-OT-
54 早稲田大学

東海大学

HC:陸川 章
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 寺嶋 良 6 0 1 3 5 0 0 2 0 2 2 0 0 0 1 16:08
1 大倉 龍之介 4 0 2 2 3 0 0 1 0 1 1 0 0 0 1 10:26
5 山本 浩太 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2:02
10 張 正亮 DNP
16 中村 碧杜 2 0 0 0 1 2 2 1 0 2 2 0 0 0 1 4:35
19 西田 優大 5 0 5 1 7 3 4 2 2 1 3 0 1 4 3 29:34
21 長澤 亮太 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:40
22 笹倉 怜寿 21 0 1 7 15 7 10 1 3 7 10 2 1 0 3 29:32
23 佐土原 遼 10 0 4 3 6 4 7 2 1 0 1 1 0 0 2 27:30
24 松崎 裕樹 DNP
25 平岩 玄 3 0 1 1 3 1 4 1 4 8 12 3 1 0 0 31:32
28 津屋 一球 1 0 1 0 3 1 2 3 0 3 3 0 0 1 1 12:40
35 木下 碧人 DNP
38 春日 恒太郎 0 0 0 0 1 0 0 2 0 2 2 0 0 0 0 11:31
60 坂本 聖芽 7 1 1 2 4 0 0 3 1 5 6 1 1 0 0 22:49
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 8 11 0 0 0 0 00:00
合計 59 1 16 19 48 18 29 18 15 39 54 7 4 5 12 200:00

早稲田大学

HC:吉岡 修平
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 神田 誠仁 1 0 1 0 1 1 2 0 0 0 0 0 0 0 1 6:38
2 香川 泰斗 DNP
3 池田 琳苑 DNP
6 長谷川 仁哉 DNP
7 宮本 一樹 4 0 3 1 2 2 2 3 0 5 5 1 0 1 1 26:33
8 津田 誠人 15 1 3 5 7 2 6 4 1 6 7 1 0 0 0 34:02
12 土家 大輝 9 1 3 3 10 0 2 2 1 1 2 2 1 0 1 33:22
14 柳川 幹也 2 0 3 0 2 2 2 3 0 1 1 1 1 0 0 18:21
17 髙阪 俊輔 0 0 1 0 1 0 0 1 0 1 1 0 1 1 2 10:56
18 萩原 圭 DNP
38 三島 大河 DNP
39 桑田 裕平 6 2 5 0 1 0 0 4 1 4 5 0 2 0 3 30:08
41 小室 悠太郎 17 1 5 7 12 0 1 3 1 8 9 1 0 1 0 40:00
65 宮川 丈クレイトン DNP
91 ホセイン 剛 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 8 9 0 0 0 1 00:00
合計 54 5 24 16 36 7 15 20 5 34 39 6 5 3 9 200:00

GAME REPORT

 リーグ戦第12節、東海大学と早稲田大学の一戦。序盤から東海大は#22笹倉の軸に得点を重ね、リードする。対する早稲田大も譲らず#8津田を中心にオフェンス展開をしリードを奪う。その後は一進一退の攻防が続き、同点で前半を折り返す。後半になっても両者ともに決められたら決め返す展開が続き、同点で勝負は最終クォーターへ。東海大はコンスタントに加点するも、早稲田大はシュートがリングに弾かれ思うように得点出来ず、無念のタイムアップ。59-54で東海大が勝利し、リーグ戦績を9勝3敗とした。

 第1クォーター、開始から東海大は#22笹倉のバスケットカウントを沈め、好調なスタートを切る。対する早稲田大は#12土家の鋭いドライブで切れ込むも、その後はボール運びでターンオーバーが続いてしまう。それを#8津田の3Pシュートなどで持ち直し、その後は両者とも一歩も譲らない展開となる。15-14と東海大が僅かにリードして第2クォーターへ。

 第2クォーター、東海大は#22笹倉のジャンパー、#23佐土原のバスケットカウントを畳み掛ける。対する早稲田大は#41小室のバスケットカウント、#39桑田の3Pシュートで一時逆転に成功する。その後は互いに決められたら決め返し、拮抗した展開となる。28-28で同点、試合を振り出しに戻す。

 第3クォーター、早稲田大は#39桑田の3Pシュートを皮切りに#41小室が連続でゴール下で奮闘して加点を続ける。対する東海大は#60坂本の素早いドライブと#23佐土原のインサイドアタックで得点を重ね、激しい攻防となる。43-43で同点、勝負は最終クォーターへ。

 第4クォーター、東海大は#1大倉(龍)、#22笹倉のジャンパーで続けて加点しリードを得ると、早稲田大は思わずタイムアウトを要求する。タイムアウト明けも東海大は変わらずコンスタントに加点する。対する早稲田大は#41小室がシュートを決めるも、その後はシュートがリングに嫌われあとが続かず、苦しくもタイムアップ。59-54で東海大がリーグ戦9つ目の白星を挙げた。

宇留島 萌