試合区分:No.11676
開催期日:2019年9月17日
開始時間:18:20:00
開催場所: とどろきアリーナaコート
主審:長谷川 裕
副審:笠島 喜与都

白鴎大学 60 17 -1P- 18
13 -2P- 16
13 -3P- 16
17 -4P- 15
-OT-
-OT-
65 明治大学

白鴎大学

HC:網野 友雄
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 関屋 心 0 0 0 0 4 0 2 1 1 2 3 3 0 0 0 18:56
2 中川 綸 5 1 5 1 3 0 0 3 0 1 1 0 1 0 3 24:45
3 板橋 真平 3 1 2 0 2 0 0 1 0 1 1 1 0 0 4 14:05
7 ギバ 賢 キダビング 5 0 0 2 3 1 2 3 1 4 5 0 0 1 2 18:23
13 西山 修人 DNP
25 角田 太輝 6 2 4 0 4 0 0 0 0 1 1 0 1 0 1 12:20
28 菅野 峻平 6 2 3 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:34
29 小島 基嵩 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 6:20
32 三浦 望 2 0 1 1 6 0 0 1 1 1 2 1 0 0 1 18:34
33 杉山 裕介 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:54
35 ミサカボ ベニ 8 0 4 4 6 0 1 4 3 5 8 2 0 0 3 23:39
52 ブラ グロリダ 17 0 0 6 7 5 8 3 6 11 17 0 1 0 3 30:44
56 小室 昂大 DNP
66 松下 裕汰 DNP
77 前田 怜緒 8 0 1 2 6 4 6 4 1 2 3 5 1 0 4 28:46
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 6 7 13 0 0 0 0 00:00
合計 60 6 20 16 43 10 19 20 20 35 55 12 4 1 21 200:00

明治大学

HC:鍵冨 義宏
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 中村 吏 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2:18
1 園部 毅 DNP
7 植松 義也 8 0 2 2 9 4 6 3 2 5 7 1 1 1 1 29:02
9 塚本 舞生 3 0 2 1 3 1 1 2 0 0 0 4 0 0 2 12:31
10 須藤 昂矢 17 1 4 7 12 0 1 4 5 2 7 0 3 0 3 26:39
11 奥野 綾汰 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 4:09
13 相馬 陸 DNP
14 戸堀 春輝 DNP
15 渡辺 翔太 7 1 3 2 4 0 1 1 0 3 3 1 0 0 1 28:46
17 常田 耕平 0 0 1 0 2 0 2 3 0 1 1 1 1 0 0 25:10
31 吉村 公汰 9 1 1 2 4 2 3 2 0 1 1 1 0 0 0 16:04
34 富田 一成 5 1 1 1 2 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 10:49
52 溝口 月斗 5 0 0 2 4 1 4 2 2 3 5 0 0 0 1 16:22
56 永田 渉 11 1 4 4 9 0 2 3 0 5 5 1 0 0 0 28:09
88 佐藤 大介 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 6 0 0 0 0 00:00
合計 65 5 18 21 52 8 20 23 12 23 35 9 6 1 8 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第7節、白鷗大学対明治大学の一戦。互いにフィジカルにぶつかり合う肉弾戦となったこの試合、先手を取ったのは明治大。白鷗大のシュートが決まらない隙に3Pシュートを決めてリードを奪う。その後は一進一退の攻防が続き、そのまま最終クォーターへ。白鷗大は前半同様点差を詰めるまでには至るも、その先が続かず、逆転することができない。明治大はそのまま逃げ切り65-60で勝利。明治大はリーグ戦初勝利を収め、リーグ戦戦績を1勝6敗とした。


第1クォーター、白鷗大はまず#35ミサカボと#77前田のコンビネーションで4点を先取する。対する明治大は#7植松のジャンパー、#10須藤の3Pシュートなどで加点し、さらに#56永田らがファストブレイクで得点し序盤のリードを奪う。その後白鷗大#77前田のフリースロー、#3板橋のレイアップなどで逆転するも、明治大#9塚本がブザービーターを決めて1点リード。18-17、明治大がリードを1点保持して第2クォーターへ。


第2クォーター、まず先手を取ったのは明治大、#9塚本のアシストで#34富田が連続でシュートを沈めリードを7点に広げる。白鷗大は#25角田が3Pシュートを決めるも、明治大#52溝口がリバウンドシュートを押し込み点差を詰めさせないまま時計が進む。終盤、白鷗大は#7ギバ賢がリバウンドシュートを押し込み何とか4点差まで追いつき前半終了。34-30、明治大が4点リードして前半を折り返す。


第3クォーター、序盤の主導権を握ったのはまたも明治大。#7植松がフリースローとジャンパーで加点すると、#15渡辺もファストブレイクから華麗なレイアップを決めて残り5分で45-34と11点差をつける。一方の白鷗大は#77前田を中心に攻め込むも、ミスが重なり得点が伸び悩む。だが、明治大も中盤以降はシュートが決まらず得点が止まり、そのまま第3クォーター終了。50-43、明治大がリードを保ったまま最終クォーターへ。


第4クォーター、序盤からシュートが互いに決まらないまま時間だけが過ぎていったが、明治大#15渡辺が3Pシュートを沈め点差を再び10点に広げる。その後、フリースローと#2中川の3Pシュートで白鷗大は一時4点差まで詰め寄るも、明治大#10須藤の頑張りで明治大が点差を9点に広げ、そのまま試合終了。65-60、明治大が白鷗大に粘り勝ちを収め、嬉しいリーグ戦初勝利を手にした。

谷嶋 瑞希