試合区分:No.11666
開催期日:2019年9月15日
開始時間:14:00:00
開催場所: 日本体育大学 世田谷キャンパス
主審:梶 崇司
副審:田中 充

早稲田大学 73 20 -1P- 15
19 -2P- 18
14 -3P- 09
20 -4P- 19
-OT-
-OT-
61 青山学院大学

早稲田大学

HC:吉岡修平
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 神田 誠仁 9 2 3 1 3 1 2 3 0 2 2 1 1 0 1 22:37
2 香川 泰斗 DNP
3 池田 琳苑 DNP
6 長谷川 仁哉 DNP
7 宮本 一樹 18 3 6 3 5 3 3 2 0 3 3 1 0 0 3 32:24
8 津田 誠人 7 1 3 1 2 2 4 3 2 3 5 0 3 0 1 20:25
12 土家 大輝 2 0 7 1 5 0 0 3 0 1 1 5 0 0 1 23:46
14 柳川 幹也 6 2 4 0 1 0 2 3 0 2 2 4 1 0 1 28:21
17 髙阪 俊輔 10 3 4 0 1 1 2 2 2 2 4 2 0 0 0 24:00
18 萩原 圭 DNP
38 三島 大河 DNP
39 桑田 裕平 0 0 1 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 8:37
41 小室 悠太郎 21 5 8 2 7 2 2 2 2 10 12 3 1 0 0 39:50
65 宮川 丈クレイトン DNP
91 ホセイン 剛 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 3 0 0 0 0 00:00
合計 73 16 36 8 24 9 15 20 8 24 32 16 6 0 7 200:00

青山学院大学

HC:廣瀬昌也
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
2 斉藤 諒馬 3 1 6 0 2 0 0 4 1 2 3 1 1 1 2 28:27
5 小川 俊哉 DNP
7 ナナー ダニエル弾 12 0 0 5 8 2 4 3 6 7 13 0 0 0 4 29:41
14 伊森 響一郎 7 0 1 3 11 1 2 2 0 5 5 3 0 0 3 33:39
17 保泉 遼 DNP
20 和田 蓮太郎 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 7:22
21 納見 悠仁 23 5 9 2 7 4 4 4 2 2 4 1 0 0 2 30:15
24 永野 聖汰 4 0 0 1 2 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 20:45
27 ウィタカ ケンタ 0 0 0 0 1 0 0 2 0 0 0 0 0 1 1 3:34
41 田村 伊織 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6:45
42 佐野 龍之介 DNP
47 川村 亮汰 DNP
52 赤穂 雷太 7 1 6 1 5 2 2 2 2 10 12 2 0 0 4 33:10
55 藤倉 陽伸 DNP
78 渡嘉敷 直輝 5 0 1 0 0 5 5 0 0 0 0 0 1 0 0 6:21
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 7 1 8 0 0 0 0 00:00
合計 61 7 24 12 36 16 19 18 18 29 47 7 2 2 16 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第6節、青山学院大学と早稲田大学の試合。試合を通して外角シュートが冴え渡った早大が、粘る青学大を73-61で突き放して勝利。早大は#41小室、#17髙阪を中心に16本もの3Pシュートを沈めた。青学大はオフェンスが今ひとつ噛み合い切らずに万事休した。

 第1Q、早大の#41小室がon fire。4本の3Pシュートを沈める活躍でリードを奪い取る。青学大も#14伊森や#7ダニエルのシュートで応戦。激しい攻防の中、20-15と早大が優位に立つ。

 第2Q、青学大が徐々にリズムに乗る。#21納見、#52赤穂の3Pシュートで差を詰める。すると早大もすかさず反撃。#7宮本が二本の3Pシュートを決めるなど、追い上げを許さない。39-33と早大リード変わらず前半終了。

 第3Q、開始早々、青学大が#21納見と#7ダニエルの得点で逆転に成功。その直後、早大は#17髙阪が三本の3Pシュートを決める活躍で再び逆転、リードを一気に広げる。勢いそのままに53-42と11点差をつける。

 第4Q、幾度となく青学大が追い上げを試みるも、早大のシュートが確率よく決まる。#1神田、#7宮本が3Pシュートを沈める。続く終盤、#8津田がトドメの3Pシュートを決めて試合を制する。73-61で早大が勝利した。

Taiki KIMURA