試合区分:No.11655
開催期日:2019年9月8日
開始時間:13:20:00
開催場所: 横須賀アリーナ
主審:針生 淳男
副審:川崎 洋次郎

専修大学 83 22 -1P- 20
08 -2P- 21
26 -3P- 18
27 -4P- 05
-OT-
-OT-
64 早稲田大学

専修大学

HC:佐々木 優一
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 ケイタ シェイクブーバガー 6 0 0 3 5 0 2 2 4 6 10 1 0 2 1 19:10
1 山本 翔太 3 0 1 0 0 3 3 0 1 0 1 0 0 0 0 1:17
2 重野 凱紀 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:53
5 安部 紘貴 4 0 0 2 4 0 0 2 0 0 0 1 1 0 0 19:28
6 樋口 健太 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2:34
9 重冨 友希 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4:55
10 喜志永 修斗 0 0 2 0 0 0 0 4 1 2 3 1 1 0 0 15:37
12 西野 曜 25 2 6 9 11 1 2 1 3 6 9 3 3 1 0 32:58
23 キング 開 4 0 1 2 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 11:14
28 野﨑 由之 15 2 3 2 3 5 6 2 0 1 1 0 1 0 2 12:41
30 アブ フィリップ 1 0 0 0 6 1 4 4 3 8 11 0 1 0 4 20:50
34 盛實 海翔 5 0 3 1 4 3 3 2 0 2 2 2 0 0 1 17:05
46 寺澤 大夢 2 0 1 1 1 0 0 0 2 2 4 0 1 0 0 9:30
48 竹田 寛人 0 0 0 0 1 0 0 2 0 1 1 0 0 0 1 2:35
95 齋藤 瑠偉 18 3 4 3 4 3 4 0 0 2 2 0 3 0 1 29:13
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2 3 0 0 0 1 00:00
合計 83 7 21 23 48 16 24 20 15 32 47 8 11 3 12 200:00

早稲田大学

HC:吉岡 修平
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 神田 誠仁 5 1 1 0 0 2 4 2 1 1 2 1 0 0 2 16:14
2 香川 泰斗 DNP
3 池田 琳苑 DNP
6 長谷川 仁哉 DNP
7 宮本 一樹 11 0 4 5 9 1 3 0 0 3 3 1 0 1 2 25:53
8 津田 誠人 9 0 2 4 6 1 1 3 1 4 5 0 0 0 2 20:01
12 土家 大輝 20 2 4 6 10 2 2 2 1 7 8 2 0 0 4 30:37
14 柳川 幹也 3 0 6 1 2 1 1 4 0 1 1 0 0 0 2 31:55
17 髙阪 俊輔 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2 2 1 0 0 0 4:03
18 萩原 圭 DNP
38 三島 大河 DNP
39 桑田 裕平 3 1 2 0 1 0 0 5 0 3 3 1 0 0 1 31:17
41 小室 悠太郎 13 3 8 2 4 0 0 4 0 2 2 0 1 0 2 40:00
65 宮川 丈クレイトン DNP
91 ホセイン 剛 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5 7 0 0 0 0 00:00
合計 64 7 29 18 32 7 11 20 5 28 33 6 1 1 15 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第4節、専修大学対早稲田大学の一戦。序盤の主導権を握ったのは早稲田大。全員が3Pシュートを確率良く決めていき、シュートが決まらない専修大を尻目に点差を広げていく。30-41で前半を折り返し迎えた後半、専修大のシュートが復調してきた反面、早稲田大のシュートが外れ始め点差が徐々に縮まっていく。そして最終クォーターで専修大が遂に逆転、早稲田大も果敢に攻め込むも、シュートはリングに嫌われ得点することができず、そのままタイムアップ。83-64で専修大が早稲田大に逆転勝利を収め、リーグ戦無傷の4連勝を飾った。


第1クォーター、先手を取ったのは専修大、#12西野を中心に得点を重ね10-3とリードを奪う。しかし早稲田大もタイムアウト後には息を吹き返し、#12土家、#41小室らの3Pシュートで点差を詰めていく。残り20秒で早稲田大が同点に追いつくが、専修大#12西野がブザービーターを沈め第1クォーター終了。22-20で第2クォーターへ。


第2クォーター、開始早々早稲田大は#41小室が3Pシュートを決めて逆転に成功し、さらに勢いに乗って#39桑田、#7宮本らが得点を重ねリードを広げる。対する専修大は#46寺澤、#23キングが得点するも、その後はシュートをなかなか決めきれず、得点が奪えないまま第2クォーター終了。30-41、早稲田大が11点のリードを奪い前半を折り返す。


第3クォーター、追いつきたい専修大は#95齋藤、#30フィリップらが攻撃を仕掛けるも、早稲田大のフィジカルなディフェンスに苦しみ序盤は得点を奪うことができない。だが、#95齋藤がドライブ、3Pシュートなどを決め流れを掴むと、#28野﨑も3Pシュートを沈め点差を詰める。早稲田大は#8津田がインサイドで奮闘し得点を奪うも、専修大の勢いには勝らず。56-59、専修大が3点まで詰め寄り勝負の最終クォーターへ。


第4クォーター、専修大#28野﨑がジャンパーとフリースローを決め逆転に成功、しかしすぐさま早稲田大#12土家がジャンパーを決め同点に追いつくなど、一進一退の白熱した攻防が繰り広げられる。そんな中、オフェンスリバウンドを専修大がことごとく拾い、フリースローで確実に得点を重ねていく。一方の早稲田大はターンオーバーがかさみ、攻撃の芽を潰してしまう。そこに追い打ちをかけるように専修大は#0ケイタ、#28野﨑らが得点を重ねて試合終了。83-64、専修大が第4クォーターの猛反撃で早稲田大を破り、リーグ戦績を4勝とした。


谷嶋 瑞希