試合区分:No.11498
開催期日:2019年5月4日
開始時間:16:15:00
開催場所: 駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場
主審:和嶋 陽一
副審:加藤 暁生,大井 陽平

筑波大学 86 15 -1P- 16
16 -2P- 13
24 -3P- 16
31 -4P- 17
-OT-
-OT-
62 大東文化大学

筑波大学

HC:吉田 健司
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
7 浅井 修伍 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
8 菅原 暉 8 0 0 3 4 2 2 1 0 1 1 1 1 0 1 0
10 村岸 航 8 0 2 3 4 2 2 3 1 3 4 0 0 0 0 0
11 増田 啓介 10 0 3 4 11 2 3 2 4 4 8 1 0 0 2 0
13 二上 耀 0 0 2 0 3 0 0 0 0 2 2 0 0 0 1 0
15 森下 魁 8 0 0 4 4 0 1 1 1 2 3 0 0 0 1 0
16 野本 大智 11 0 0 4 5 3 4 1 0 0 0 1 2 0 0 0
21 笹山 陸 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
23 半澤 凌太 6 0 0 2 3 2 2 0 2 1 3 0 0 0 0 0
27 山口 颯斗 16 2 3 5 7 0 2 2 0 4 4 0 1 1 2 0
33 三森 啓右 2 0 0 1 1 0 0 1 0 2 2 0 0 0 0 0
75 井上 宗一郎 8 1 2 2 3 1 2 3 0 4 4 0 0 0 2 0
85 藤村 貴記 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
88 牧 隼利 6 0 2 3 4 0 0 0 1 3 4 1 2 0 3 0
92 中田 嵩基 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3 4 0 0 0 1 0
合計 86 4 15 31 49 12 18 14 10 29 39 6 6 1 13 200:00

大東文化大学

HC:西尾 吉弘
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 深渡瀬 海 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0
2 飴谷 由毅 18 2 4 5 7 2 5 1 2 7 9 1 1 0 1 0
3 星野 京介 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
7 高島 紳司 5 1 5 1 5 0 0 3 2 3 5 0 1 0 0 0
13 小谷 健太 4 0 3 2 3 0 0 2 0 1 1 1 1 0 0 0
15 モッチ ラミン 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
17 町田 篤紀 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
18 蕪﨑 隼人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
21 野原 暉央 1 0 0 0 1 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0
25 高木 慎哉 12 2 4 3 7 0 7 2 1 3 4 2 0 0 0 0
29 兒玉 修 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2 2 1 1 0 2 0
34 中村 浩陸 7 2 4 0 4 1 2 2 1 1 2 4 2 0 4 0
39 ジェン アビブ 3 0 0 1 1 1 2 4 2 2 4 0 0 0 4 0
81 後藤 大輝 2 0 2 1 1 0 0 3 0 1 1 1 0 0 2 0
99 増本 優太 10 2 5 2 7 0 0 1 2 1 3 0 1 0 0 0
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 4 0 0 0 1 0
合計 62 9 27 15 37 5 18 20 12 23 35 10 7 0 14 200:00

GAME REPORT

準決勝、前半は火花散る拮抗した展開。しかし後半以降、大東大は#39アビブのファウルトラブル、#2飴谷の負傷退場により失速。その間に筑波大が怒涛のオフェンスを見せ、一挙に大量リードで突き放す。大東大はなすすべなくそのままタイムアップ。86-62で筑波大が決勝進出。

 第1クォーター、筑波大#10村岸のシュートでゲームスタート。対する大東大も#7高島がジャンパーですぐさまアンサー。その後も激しい攻防は続き、拮抗した展開となる。16-15と大東大が僅かにリードして第1ピリオド終了。

 第2クォーター、大東大は#99増本、#25高木の3Pシュートにより得点を伸ばす。筑波大も負けじと#88牧のジャンパー、#16野本のレイアップで応戦。流れはどちらにも傾かないまま、筑波大が31-29とリードを奪い返し試合を折り返す。

 第3クォーター、大東大は#39アビブがファウルトラブルに見舞われると、その隙を筑波大は逃さない。#27山口、#11増田のバスケットカウントが飛び出し、怒涛の追い上げスタート。一気に突き放しにかかる。大東大は#25高木、#99増本が応戦するも、波に乗り切れない。55-45のスコアで最終ピリオドへ。

 第4クォーター、筑波大の猛攻は止まらない。#11増田や#75井上が果敢なアタックからスコアし、点差を広げる。大東大は#2飴谷の負傷退場もあり、オフェンスは完全に沈黙。その後、筑波大は#21笹山がトドメの3Pシュートを沈めて試合終了。86-62で筑波大が決勝進出。

木村 泰基