試合区分:No.11646
開催期日:2019年8月25日
開始時間:18:20:00
開催場所: 駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場 aコート
主審:大澤 尚樹
副審:廣瀬 俊昭

白鴎大学 82 26 -1P- 24
21 -2P- 13
16 -3P- 11
19 -4P- 28
-OT-
-OT-
76 日本大学

白鴎大学

HC:網野 友雄
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 関屋 心 2 0 2 1 2 0 0 1 0 0 0 3 0 0 1 16:16
2 中川 綸 9 1 1 3 5 0 0 1 0 1 1 1 0 0 4 17:35
3 板橋 真平 14 4 6 1 2 0 2 1 0 0 0 1 0 0 3 21:59
12 菅谷 勘太 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 1 3:20
13 西山 修人 DNP
24 星野 曹樹 19 2 3 5 7 3 4 2 1 3 4 0 1 1 0 26:07
25 角田 太輝 9 1 2 3 6 0 0 2 0 2 2 3 1 0 1 25:08
29 小島 基嵩 DNP
33 杉山 裕介 2 0 0 1 1 0 0 0 1 1 2 0 0 0 1 11:14
35 ミサカボ ベニ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 8:13
39 藤岡 慎太朗 DNP
52 ブラ グロリダ 10 0 2 5 6 0 0 3 1 5 6 2 2 0 1 29:01
56 小室 昂大 DNP
66 松下 裕汰 1 0 0 0 1 1 2 1 3 1 4 1 0 0 0 4:52
77 前田 怜緒 16 1 6 4 4 5 5 1 0 3 3 3 1 1 2 36:14
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 8 9 0 0 0 0 00:00
合計 82 9 23 23 35 9 13 12 7 27 34 14 5 2 14 200:00

日本大学

HC:城間 修平
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 シェイク ケイタ 10 0 0 5 8 0 0 2 1 3 4 1 2 1 4 30:20
1 佐藤 大介 DNP
3 市橋 歩 8 2 6 1 2 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2 22:51
4 上澤 俊喜 2 0 1 1 2 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 9:43
5 久納 有清 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 0 1 0 0 6:37
8 ジャワラ ジョゼフ 3 1 1 0 2 0 0 4 0 2 2 1 0 0 0 17:06
10 杉本 天昇 12 1 6 2 5 5 5 1 2 2 4 2 0 0 8 30:17
14 松脇 圭志 34 6 15 8 14 0 0 3 1 3 4 0 3 0 2 37:08
22 飯尾 文哉 2 0 0 1 2 0 0 0 1 1 2 0 0 0 0 5:08
30 山根 響 DNP
34 藤井 優 DNP
59 嶋田 裕斗 1 0 0 0 1 1 2 1 0 3 3 0 0 0 0 25:57
60 黒田 亘 4 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 1 1 0 1 13:25
85 境 ソラージ 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 1:28
88 後藤 優仁 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 5 6 11 0 0 0 0 00:00
合計 76 10 29 20 39 6 7 13 12 22 34 5 7 1 17 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第2節、白鷗大学と日本大学の一戦。前半から点の取り合いとなるが、ディフェンスリバウンドから流れを掴んだ白鷗大が一歩リードする。追いかける日本大は、#14松脇が3Pシュートにジャンパーと幅広く応戦するが逆転できず。後半、日本大は引き続き#14松脇がアウトサイドから得点を重ね白鷗大に5点差まで詰め寄る快進撃を見せるも白鷗大に逃げ切られ試合終了。82-76、白鷗大が勝利しリーグ戦開幕2連勝を飾った。


 第1クォーター、前半、両チームとも落ち着いた立ち上がりをみせハーフコートで攻めるが、ディフェンスリバウンドからチャンスを掴んだ白鷗大が#2中川のペネトレイトで勢いに乗る。対する日本大は中盤に白鷗大に僅かにリードされるが後半は#10杉本、#14松脇の連続3Pシュートで食らいつく。26-24、白鷗大が一歩リードし第1クォーター終了。


 第2クォーター、開始直後からトランジションの速く激しい攻防が繰り広げられ、白鷗大は#77前田を中心に、日本大は内外バランスよく加点していく。後半、両チームともファウルが嵩み苦しい展開となるが、終盤、白鷗大は#3板橋が3Pシュートを連続で沈めリードを徐々に広げる。47-37、白鷗大がリードを広げ前半を折り返す。


 第3クォーター、前半、両チームとも攻め切ることができず足踏み状態となる。後半、日本大は#3市橋がアウトサイドから得点に貢献し逆転のチャンスを伺うも白鷗大はすぐさま速攻で加点し返し日本大の逆転を許さない。63-48、白鷗大リードのまま勝負は最終クォーターへ。


 第4クォーター、序盤から日本大#14松脇が快進撃を見せ5分で13点を稼ぎ出し白鷗大に5点差まで詰め寄る。対する白鷗大は勢いに乗る日本大のタイトなディフェンスに攻めあぐねる。残り一分半、白鷗大は#0関屋の華麗なペネトレイトが決まると、さらに#24星野のロング3Pシュートが決まり白鷗大の勝利を確実にした。76-82、白鷗大が勝利しリーグ戦2勝目を挙げた。

坂井 羽衣