試合区分:No.8383
開催期日:2016年10月2日
開始時間:11:40:00
開催場所: 白鴎大学本キャンパス
主審:渡邊 諭
副審:向井 和宏

早稲田大学 71 17 -1P- 25
11 -2P- 16
19 -3P- 18
24 -4P- 11
-OT-
-OT-
70 青山学院大学

早稲田大学

HC:平久江 卓
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
7 石原 卓 14 1 4 4 6 3 3 0 0 2 2 5 3 0 2 27:37
8 新川 敬大 9 2 4 1 2 1 2 2 0 5 5 0 0 0 0 24:52
11 河合 祥樹 13 3 4 1 8 2 2 3 2 7 9 0 2 0 0 31:29
18 森井 健太 3 1 1 0 2 0 0 0 0 1 1 5 0 0 2 15:32
20 北代 智樹 DNP
21 南木 俊樹 2 0 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5:22
25 伊藤 諄哉 11 2 4 2 4 1 2 4 1 5 6 0 0 0 1 32:29
26 富田 頼 10 0 0 5 7 0 0 4 1 2 3 1 0 0 2 18:58
31 佐藤 智也 DNP
35 岡野 佑紀 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2 2 0 0 0 3 7:31
36 澁田 貴大 3 0 1 1 3 1 4 0 1 2 3 1 0 0 2 15:08
38 宮脇 隼人 6 0 0 2 2 2 4 4 0 2 2 1 0 0 1 21:02
39 桑田 裕平 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 4 0 0 0 2 00:00
合計 71 9 20 17 36 10 17 17 7 30 37 13 5 0 15 200:00

青山学院大学

HC:廣瀬 昌也
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 納見 悠仁 12 2 3 3 5 0 2 0 0 2 2 0 1 0 0 23:15
2 日野 翔太 DNP
3 大崎 裕太 0 0 3 0 0 0 0 2 0 0 0 1 0 0 1 6:44
4 戸田 晃輔 2 0 0 1 2 0 0 1 1 0 1 2 0 0 0 4:04
6 木田 貴明 3 1 1 0 3 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 8:26
7 ナナー ダニエル弾 8 0 1 4 6 0 0 2 2 4 6 1 0 1 1 23:54
8 時田 康佑 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 3:10
10 高橋 浩平 0 0 0 0 2 0 0 3 0 1 1 0 1 0 3 16:06
14 柏倉 哲平 0 0 0 0 2 0 0 3 0 1 1 0 2 0 1 14:27
15 石井 悠太 5 1 4 1 1 0 0 3 0 3 3 3 0 0 4 25:33
21 石黒 岳 0 0 0 0 2 0 0 0 0 1 1 1 1 0 0 6:25
24 安藤 周人 32 6 15 4 8 6 6 1 3 6 9 3 1 0 3 37:29
31 戸田 貫太 DNP
32 前田 悟 8 0 3 3 6 2 2 3 3 1 4 3 2 0 0 30:25
35 伊森 響一郎 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4 0 0 0 2 00:00
合計 70 10 30 16 37 8 10 20 9 24 33 14 8 1 15 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第10節、早稲田大と青山学院大の一戦。序盤にリードを得た青山学院大を早稲田大が追いかける展開が続く。青山学院大は#24安藤を中心にオフェンスを展開、リズムよく加点していく。対する早稲田大はガード陣を中心に青山学院大に喰らいついていく。試合が大きく動いたのは第4ピリオド。早稲田大は#8新川や#7石原を中心に猛チャージをかけ得点を連取、残り4分で同点に追い付くと、残り35秒、ついに逆転に成功する。その後時間を使い切った早稲田大が青山学院大にオフェンスのチャンスを与えずにタイムアップ。71-70で早稲田大が手に汗握る接戦を制し、リーグ戦績を5勝5敗とした。


 第1ピリオド、序盤、早稲田大は#18森井の3Pシュートやアシストで得点を積み上げる。対する青山学院大は#24安藤が攻守に渡る活躍をみせ、拮抗した展開が続く。中盤、青山学院大は#32前田のジャンパーや#4戸田のドライブなどで連取し、21-9と二桁得点差を開けると早稲田大はたまらずタイムアウトを請求。立て直しをはかる早稲田大は、#21南木の合わせのプレイや#7石原のドライブなどで点差を詰め、第1ピリオド終了。25-17の青山学院大8点リードで第2ピリオドへ。


 第2ピリオド、お互いにシュートが決まらずロースコアな展開となる。中盤、早稲田大は#11河合のアウトサイドシュートや#26富田のゴール下など、内外バランスよく加点し、26-32の6点差にまで詰め寄る。しかしその後、青山学院大も#0納見や#15石井が3Pシュートを落ち着いて沈め返し、早稲田大の追撃を許さない。終了間際、青山学院大は#24安藤がこの日5本目の3Pシュートを決め、さらにリードを広げたところで第2ピリオド終了。41-28で青山学院大が13点リードし、ゲームを折り返した。


 第3ピリオド、開始早々、早稲田大は#7石原のスティールからのワンマン速攻や#25伊藤の3Pシュートなど猛チャージをかけ、開始5分で41-46と5点差にまで詰め寄る。追い付かれたくない青山学院大は、#24安藤が意地のバスケットカウントを決め、簡単に主導権は渡さない。その後青山学院大#0納見が連続得点を挙げ再びリードを広げ、第3ピリオド終了。59-47と、一時点差を詰められたものの、依然青山学院大がリードしたまま最終ピリオドへ。


 第4ピリオド、早稲田大#8新川が約2分間もの間に8得点をあげる活躍をみせると、勢いそのままに、#7石原のバスケットカウント、#11河合の3Pシュートなど怒涛の追い上げを見せる。何とかしたい青山学院大であったが、早稲田大のタイトなディフェンスを前に得点が止まってしまい、残り4分、早稲田大#38宮脇のフリースローでついに同点に追いつかれてしまう。その後シーソーゲームが続くも、残り35秒、#25伊藤が値千金の3Pシュートを決め、リードを3点とする。その後、青山学院大#24安藤がファウルをもらいフリースローを沈め点差を1とするも、あと一歩が続かず、タイムアップ。71-70で早稲田大が競り勝ち、5勝目を挙げた。

森本 悠馬