試合区分:No.8374
開催期日:2016年9月25日
開始時間:14:20:00
開催場所: 青山学院大学 相模原キャンパス
主審:針生 淳男
副審:長谷川 裕

青山学院大学 58 14 -1P- 09
14 -2P- 13
11 -3P- 19
19 -4P- 13
-OT-
-OT-
54 白鴎大学

青山学院大学

HC:廣瀬 昌也
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 納見 悠仁 2 0 1 1 3 0 0 3 2 0 2 2 0 0 3 22:52
2 日野 翔太 DNP
3 大崎 裕太 5 1 3 0 4 2 2 2 1 0 1 2 1 0 0 20:27
4 戸田 晃輔 2 0 0 1 1 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 3:26
6 木田 貴明 0 0 2 0 1 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 12:29
7 ナナー ダニエル弾 11 0 0 5 9 1 2 5 3 3 6 0 0 1 0 13:23
8 時田 康佑 DNP
10 高橋 浩平 6 0 0 2 6 2 2 3 3 0 3 0 0 0 2 27:15
14 柏倉 哲平 4 0 0 1 1 2 2 2 1 1 2 1 0 1 2 15:38
15 石井 悠太 0 0 0 0 2 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 5:20
21 石黒 岳 4 0 0 1 3 2 2 1 2 1 3 0 0 0 0 17:33
24 安藤 周人 13 3 13 1 4 2 2 1 0 12 12 1 0 0 4 34:17
27 ウィタカ ケンタ 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2:18
31 戸田 貫太 DNP
32 前田 悟 11 2 2 1 6 3 4 3 1 6 7 2 1 0 0 25:02
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 6 8 0 0 0 0 00:00
合計 58 6 21 13 41 14 16 22 15 32 47 9 2 2 11 200:00

白鴎大学

HC:落合 嘉郎
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 野﨑 零也 5 1 7 1 5 0 1 0 1 1 2 1 0 0 4 21:09
1 北川 大騎 DNP
5 川島 蓮 6 0 7 3 4 0 0 4 0 3 3 2 2 0 0 23:16
14 髙間 龍之介 DNP
18 奥野 功知 0 0 0 0 2 0 0 2 0 1 1 1 0 0 4 19:38
21 神里 和 5 1 2 0 2 2 2 1 0 2 2 0 0 0 0 20:22
23 バイセイディイッサライ ジャニ 16 0 0 5 9 6 8 2 2 6 8 1 0 0 1 27:07
24 鎌田 健太 1 0 0 0 0 1 2 0 0 1 1 0 1 0 0 10:58
28 川邊 亮平 8 0 3 4 5 0 0 2 1 3 4 0 2 0 2 24:37
35 秋野 風季 2 0 1 0 4 2 4 2 1 1 2 0 0 0 0 14:09
41 小倉 渓 7 1 3 2 2 0 1 2 1 3 4 1 0 0 1 25:51
44 星野 曹樹 DNP
56 中川 綸 DNP
75 ディオップ マムシェッハイブラヒマ 4 0 0 0 1 4 6 0 2 4 6 0 0 0 0 12:53
97 大西 諄紀 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 4 6 0 0 0 1 00:00
合計 54 3 23 15 34 15 24 15 10 29 39 6 5 0 13 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第8節、白鷗大と青山学院大の一戦。序盤は両チームとも積極的に攻めるも、点が入らない静かな立ち上がりとなる。その後、白鷗大は#23イッサを中心にゲームを組み立てるのに対し、青山学院大は的を絞らせない攻撃で応戦。外角のシュートを尽く沈めた青山学院大が僅かにリードを保ち、試合を折り返す。後半、猛チャージを見せた白鷗大が逆転に成功。しかし、すぐさま青山学院大が追いつき、試合は拮抗した展開に。試合終盤、再び逆転した青山学院大が白鷗大のファウルゲームを前にフリースローを確実に沈め、逃げ切り勝利。58-54で青山学院大が接戦をものにし、リーグ戦5勝目を挙げた。

 第1ピリオド、スタートダッシュに成功したのは青山学院大、#14柏倉のフリースローや#7ダニエルのゴール下のシュート、#21石黒のジャンパーでコンスタントに得点を重、一歩前に出る。一方白鷗大は#0野﨑や#5川島のシュートがリングに嫌われるも、ファウルを巧みに誘うプレイで得たフリースローを確実に沈め喰らいつく。14-9と青山学院大がリードを得て第1ピリオドを終了する。

 第2ピリオド、青山学院大は#3大崎の3Pシュート、#10高橋のジャンパーと立て続けに得点し、リードを13点に広げる。対する白鷗大は#23イッサや#41小倉のゴール下でのポストプレイで追いすがるも、終盤、青山学院大#0納見と#7ダニエルの息の合ったコンビプレイを止めることができず、ビハインドはなかなか縮まらない。青山学院大リードは変わらず、28-22で試合を折り返した。

 第3ピリオド、青山学院大はターンオーバーやファウルが増え、シュートに持ち込むことができず。その隙に白鷗大は#41小倉の3Pシュートを皮切りに#23イッサのパワープレイ、#0野﨑のレイアップで一挙に逆転に成功。喰らいつきたい青山学院大は#24安藤の3Pシュートで白鷗大に追いすがる。41-39と白鷗大が逆転に成功し、勝負の行方は最終ピリオドへ。

 第4ピリオド、青山学院大は序盤に#24安藤の連続3Pシュートとフリースローで一挙に7得点を挙げ、再びリードを持つ展開に。しかし白鷗大は#5川島のジャンパーや#41小倉のバスケットカウントなどで得点、両チーム一歩も譲らない拮抗した展開に。青山学院大が僅かに前に出た状態のまま試合は終了間際に。その後白鷗大はファウルゲームに持ち込むも、フリースローを青山学院大#32前田に確実に沈められ、勝負あり。青山学院大が58-54で接戦を制し、リーグ戦戦績を5勝3敗とした。

木村 泰基