試合区分:No.8345
開催期日:2016年9月4日
開始時間:16:00:00
開催場所: 国立代々木競技場第二体育館
主審:針生 淳男
副審:伊藤 裕一

拓殖大学 86 24 -1P- 16
20 -2P- 22
19 -3P- 26
23 -4P- 23
-OT-
-OT-
87 白鴎大学

拓殖大学

HC:池内 泰明
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
6 山田 勝太 4 0 0 2 3 0 0 0 0 1 1 0 0 0 1 3:32
13 阿部 諒 10 0 0 4 7 2 2 3 0 3 3 3 1 1 5 34:14
14 山梨 歩 2 0 0 1 3 0 0 1 1 1 2 5 1 0 2 25:06
15 熊澤 圭祐 2 0 1 1 3 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 12:47
16 飯田 遼 DNP
18 多田 武史 6 2 4 0 2 0 0 0 0 1 1 0 2 0 1 29:35
21 水野 優斗 DNP
23 ジョフ・チェイカ・アハマド バンバ 44 4 5 11 23 10 12 3 2 15 17 1 1 2 4 36:28
27 平田 貴大 DNP
33 富山 仁志 10 2 3 2 3 0 0 3 3 3 6 1 2 1 1 26:11
39 成田 正弘 DNP
55 藤井 駿 6 0 0 1 5 4 5 1 0 1 1 0 2 0 1 27:13
58 平良 彰吾 2 0 0 1 1 0 0 3 0 0 0 0 0 0 1 4:54
61 斉藤 竜二 DNP
91 高木 健也 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 00:00
合計 86 8 13 23 50 16 19 15 6 27 33 10 9 4 16 200:00

白鴎大学

HC:落合 嘉郎
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 野﨑 零也 5 1 7 1 4 0 0 0 0 1 1 2 1 0 0 16:41
1 北川 大騎 DNP
5 川島 蓮 27 4 10 7 8 1 1 4 0 3 3 0 3 0 1 28:25
7 阿部 竜也 DNP
11 會田 翔平 DNP
14 髙間 龍之介 3 1 5 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 5:03
18 奥野 功知 2 0 0 1 1 0 0 3 0 2 2 2 0 1 2 15:36
21 神里 和 0 0 6 0 0 0 0 2 0 0 0 1 0 0 1 24:24
23 バイセイディイッサライ ジャニ 14 0 0 4 7 6 6 4 5 7 12 1 2 0 3 25:33
24 鎌田 健太 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2:49
28 川邊 亮平 13 2 3 3 6 1 1 0 3 3 6 5 1 0 3 29:13
35 秋野 風季 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 4:48
41 小倉 渓 13 2 6 2 6 3 3 2 3 2 5 2 2 0 1 33:01
75 ディオップ マムシェッハイブラヒマ 10 0 0 5 11 0 0 2 6 4 10 0 0 3 1 14:27
97 大西 諄紀 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4 8 0 0 0 1 00:00
合計 87 10 37 23 45 11 11 19 21 26 47 14 9 4 13 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第2節、白鷗大と拓殖大の一戦。序盤、お互いにリズムよく加点し、速い展開でゲームが進む。その中で拓殖大は#23バンバの個人技でリードを得る。中盤、拓殖大は3Pシュートを高確率で沈め突き放しにかかるも、白鷗大も譲らず点差は変わらない。しかしその後、白鷗大は正確な3Pシュートを武器に連続得点をあげ逆転に成功する。終盤、お互いに得点を取り合い緊迫した展開が続く。終了間際、白鷗大は#5川島の活躍でリードを得ると、そのまま逃げ切り勝利。87-86と白鷗大が大接戦を制し、リーグ戦成績を1勝1敗とした。


 第1ピリオド、拓殖大は#23バンバのカットインで先制すると、#18多田の3Pシュート、#13阿部の速攻などで得点し、スタートダッシュに成功する。対する白鷗大は#23イッサのインサイドを中心に加点し、拓殖大に喰らいつく。その後、お互いに相手の厳しいディフェンスを崩すことができず試合が膠着する。しかし終盤になると、拓殖大は#23バンバの4連続得点などでリードを得る。24-16と拓殖大が8点のリードを得てで第1ピリオドを終える。


 第2ピリオド、白鷗大は#28川邊、#5川島らの活躍で追い上げ、点差を3点まで縮める。一方の拓殖大は#33富山の連続3Pシュート、#18多田の3Pシュートなどで再びリードを広げる。中盤、拓殖大は#6山田が連続して得点するが、白鷗大は激しいディフェンスから#5川島が連続して速攻を決めさらなるリードを許さない。白鷗大は#75シェッハがゴール下で奮闘し加点、38-44とビハインドを僅かに縮め前半を折り返す。


 第3ピリオド、白鷗大は#5川島が立て続けに3Pシュートを沈め一気に同点に追いつき、#28川邊の3Pシュートで59-57と試合をひっくり返す。一方、拓殖大は#23バンバがこのピリオド17点を挙げる活躍をみせ、追撃。64-63と白鷗大が1点リードして第3ピリオドを終える。


 第4ピリオド、白鷗大は#28川邊、#41小倉らの3Pシュートで得点、対する拓殖大は#33富山、#23バンバの個人技で喰らいつき拮抗した展開となる。終盤、拓殖大は#55藤井、#23バンバが連続してバスケットカウントを決め逆転するが、残り44秒に白鷗大#5川島がバスケットカウントを沈め87-84と再逆転に成功。拓殖大は#13阿部のレイアップで詰め寄るも力及ばずタイムアップ。87-86と白鷗大が1点差で勝利し、リーグ戦初白星を手にした。


仲澤 翔大