試合区分:No.10592
開催期日:2018年11月10日
開始時間:15:00:00
開催場所: 青山学院大学相模原キャンパス
主審:丸山 淳
副審:貫井 義昭

白鴎大学 99 22 -1P- 25
18 -2P- 07
23 -3P- 30
36 -4P- 22
-OT-
-OT-
84 拓殖大学

白鴎大学

HC:網野 友雄
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
13 西山 修人 2 0 0 1 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2:39
14 髙間 龍之介 9 1 3 3 3 0 0 1 0 3 3 0 1 0 2 20:38
18 山口 蓮 2 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0:59
21 小室 昂大 1 0 0 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1:33
23 荒谷 裕秀 13 1 2 4 8 2 2 2 3 3 6 3 0 0 3 22:01
32 三浦 望 15 3 4 3 4 0 0 2 0 2 2 1 1 0 4 24:11
37 長島 蓮 3 0 0 0 3 3 4 3 1 1 2 1 1 0 0 15:46
39 藤岡 慎太朗 6 0 0 1 1 4 6 0 0 0 0 0 0 0 0 2:58
44 星野 曹樹 10 0 3 5 11 0 0 1 7 5 12 1 0 0 0 22:34
52 ブラ グロリダ 12 0 0 5 7 2 2 0 3 4 7 1 0 0 1 15:44
55 中谷 空 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 1 1:33
56 中川 綸 9 1 3 3 6 0 0 1 0 2 2 1 1 0 2 20:52
58 前田 怜緒 6 0 0 3 6 0 1 2 2 4 6 2 1 0 2 23:29
60 松下 裕汰 2 0 1 1 1 0 0 1 1 3 4 1 0 0 2 8:09
75 ディオップ マムシェッハイブラヒマ 9 0 0 4 10 1 2 0 2 9 11 2 0 1 1 16:53
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 6 0 0 0 0 00:00
合計 99 6 16 34 62 13 19 14 22 40 62 14 5 1 18 200:00

拓殖大学

HC:池内 泰明
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 山梨 歩 8 0 2 4 9 0 0 2 0 2 2 1 2 0 0 18:49
6 山田 勝太 2 0 0 1 2 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 8:00
8 須崎 虎太郎 2 0 0 1 2 0 0 3 1 4 5 0 0 1 0 10:43
9 小室 望海 12 2 6 2 3 2 2 0 0 2 2 1 1 0 0 19:29
12 中尾 良平 0 0 0 0 0 0 0 1 2 1 3 0 1 0 1 6:06
15 熊澤 圭祐 5 1 4 1 1 0 0 1 1 2 3 0 1 0 0 10:57
22 飯野 哲也 6 2 3 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 8:07
24 荒川 颯 18 3 10 4 8 1 1 0 0 1 1 3 0 0 1 28:12
29 富樫 颯人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 5:04
34 宮越 康槙 7 1 1 2 4 0 0 1 0 1 1 0 0 0 1 13:19
41 杉野 晴輝 8 2 3 1 5 0 0 2 0 3 3 1 2 6 1 22:19
51 前田 真吾 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 7:09
56 芦野 拓海 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1:44
58 平良 彰吾 2 0 1 1 2 0 0 2 1 0 1 2 0 0 1 11:05
99 多田 武史 14 4 7 1 2 0 2 1 1 0 1 0 1 0 1 28:57
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 00:00
合計 84 15 38 18 39 3 5 15 6 19 25 9 10 7 7 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第21節、拓殖大学と白鷗大学の一戦。序盤から激しい点の取り合いが繰り広げられる。その後、第2ピリオドで白鷗大がリードを奪うも、第3ピリオドで拓殖大が追い上げて勝負の行方は最終ピリオドへ。第4ピリオドで、白鷗大は激しいディフェンスから得点に結びつけて再び拓殖大を振り切る。拓殖大はくらい付けずにタイムアップ。99-84で白鷗大が勝利。これにてリーグ戦績を11勝10敗とした。

 第1ピリオド、先制したのは拓殖大。#0山梨がシュートを決めると、#24荒川も15得点を挙げる活躍を見せて幸先のいいスタートを切る。対する白鷗大も#75シェッハを中心に得点を重ねて応戦する。25-22とわずかに拓殖大がリードして第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、白鷗大神オフェンスのペースをあげ、果敢にリングにアタックする。#52ブラのレイアップや#32三浦の3Pシュートで逆転に成功。対する拓殖大は#9小室が9得点と奮起するも、いまひとつ噛み合わないまま時間が過ぎる。40-32のスコアで前半終了。

 第3ピリオド、序盤は一進一退の展開となるも、中盤以降は拓殖大が怒涛の追い上げを見せる。#9小室、#22飯野、#15熊沢の3Pシュートが決まり一点差にまで詰め寄る。63-62のスコアで最終ピリオドに突入。

 第4ピリオド、白鷗大が拓殖大の追い上げを断ち切る。#23荒谷が内外問わずに連続得点を挙げると、#44星野、#58前田もシュートを沈めて再び突き放す。追いすがりたい拓殖大は#99多田が3Pシュートを沈めて対抗するも、追いつくには時間が足りずにタイムアップ。99-84のスコアで白鷗大が勝利、リーグ戦績を11勝10敗とした。

木村泰基